プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ランスへの旅

2008-02-03 21:02
ゲルギエフ指揮、マリィンスキー歌劇場(旧キーロフ劇場)のオペラ見てきました。ロッシーニの"ランスへの旅" 見ました。良かった! なにせ、14人は、相当のレベルの歌手をそろえて14重唱をやるというものなんで、なかなか上演されない...。DVDでフランスのリセウ大歌劇場のを見てましたが、さすがいつもの仲間で練習しているからか、重唱はマリィンスキーのほうがずっと良かった.
f0148711_215986.jpg

そして、オーケストラボックスを閉じて、演奏をステージの奥で白いタキシードを身にまとった交響楽団がやったので、音響については言うこと無し。ただ、ゲルギエフの指揮が地味で動きが小さかったのは意外だった。マチネの後に移動してNHKホールでプロコフィエフの"オレンジ”をやるためにパワーを取っておいたのか? それにしてもものすごい過密日程で演奏をこなし、このクォリティを保っている(芸術監督でしょ?)のはすごいと思います。結論として大満足。

関連記事
スポンサーサイト

FC2Ad