プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気軽にオペラの世界に踏み込むには最適の年かも。

良く、知人に、「そんなにオペラを見ていたらお金がかかってしかたがないでしょう」と言われます。確かに映画に行くよりは高いですが、多くの方は、スカラ座やMETの引っ越し公演、それもバブルの頃に話題になった金額が頭に入っているようで、「6万、7万?」と聞いてきます。たしかに、今年の英国ロイヤルオペラハウスとか、昨年のムーティ指揮のローマ歌劇場、一昨年のスカラ座あたりのいわゆる「引っ越し公演」だと、S席は5万円を超します。が、何もそんな一番高いシートを取らなくたって良いんです。(とは言いつつ、僕がオペラに脚を突っ込んだ時はバブルの終わり頃で、けっこう高い切符買っていましたが)

先日の藤原のファルスタッフはB席で充分良かったですが、¥12,800-。でもまだ高い? 次の藤原本公演の"ラ・トラヴィアータ(椿姫)”は新百合ヶ丘のそれはお洒落で素敵なホールでやりますが、僕はいつもB席くらいで取りますが、¥6,800- 、これで藤原歌劇団正会員の実力派、佐藤亜希子さんとか光岡暁恵さんのヴィオレッタが聴けます。

新国立劇場も、本当に格安です。プログラムによって値段にランクがありますが、B、C席で充分!3階の最前列ななか最高です。今、上演中の「こうもり」なんて、C席で¥7,560-です。これをアメリカンエキスプレスのカードで電話予約すると、当日でも、¥1,300-分のドリンクチケットが付いてくるので、シャンパン飲めます。5月のばらの騎士、7月の蝶々夫人などもそんな金額です。

もちろん、そういう値段で良い席を選ぶには、早めに、、できればウィークデイの夜の上演を選ぶのが良いのは間違いありません。

今年は、来月、バッティストーニ指揮のリゴレットが4日間上演されますが、これなども、今や世界が注目する指揮者と、日本人の若手実力派バリトンの上江隼人さん他、そうそうたるキャストですが、1万円台を超えるシートはありません。だから3日間も見に行けます。

もちろん、METのライブビューイングも松竹の映画館で盛んにやっていますし、パリのオペラ座のライブビューイングも始まりました。¥3,600-という価格でオペラの醍醐味、それも超一流の上演を楽しめます。僕自身は、個人的には、映画の場合、歌っている人にアップされてそれ以外の部分が見られないのが嫌なので、ほとんど行きませんが、それでも迫力はすごいと思いました。

今年は、あと6月にハンガリーオペラも来ます。セヴィリアの理髪師に、スカラ座ファルスタッフにも出て、大評判になった、メゾのダニエラ・バルッチェローナが出ます。これもB席で¥14,000-、C席で¥10,000-は買いやすいです。 同じ劇場で、フィガロの結婚もありますので、ここらへんもオペラに入りやすい、楽しい演目だと思います。

僕も、今では見に行くオペラの半分以上がヴェルディですが、最初はプッチーニ、モーツァルトでオペラに馴染みました。演出もあんまり変わったものよりは、トラディショナルなものが良いと思います。

バレエについても書きたいんですが、仕事もしなくちゃいけないんで、この辺で。

来週は、いよいよヨーロッパ3カ国へオペラの旅に行きます。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/504-3df4ad61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。