プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

鈴木良雄&Generation Gap

最初から謝ってしまいますが......すみません。オテロ行かなかったんです。

この週末、どうしてもやっつけなくてはいけない仕事があって、しかも、ここ2-3週間ひどい偏頭痛が続いていてたために、あきらめました。

土日、仕事をして、日曜の3時頃には疲れ果ててきて、これはオペラでも行きたいなぁ、と思ったのですが、もう時間的に間に合わず。それで、もうひとつチェックしていた、Jazzで僕も家内も大ファンの鈴木良雄(ベース)の新しいグループが、モーションブルー横浜でライブをやるので、それに駆けつけました。ヴェルディ会員としては、ちょっとまずいんですが、疲れた体には鈴木良雄さんの優しいJazzは心地良かったです。

彼のことを説明すると下記みたいになります。

鈴木良雄:ヴァイオリン制作者の父、ピアノ教師の母、さらに叔父は世界的に有名な「スズキ・メソード」の創始者鈴木鎮一という音楽一家に育つ。1960年代後半から渡辺貞夫(as)、菊地雅章(p)、スタン・ゲッツ(ts)、アート・ブレーキー(ds)らと共にジャズの最前線で活躍してきたベテラン・ベーシスト。1973年から1985年までニューヨークに居を構え活動。90年代にリリースした "Best of East Bounce"がヒットし、NYのFMラジオステーション "CD101.9"では彼の曲が流れ続けた。帰国後、Base Talkを結成、2年に1枚のペースで素晴らしいアルバムをリリースしている。 2007年には、早稲田大学在学中に先輩後輩の仲であったタモリらとともにレーベル“ONE”を立ち上げ、『ラヴ・レター』や『ダンシング・ルナ』といったアルバムをリリースするなど近年もなお活発な活動を続けてきた。今回は2008年の結成以来、彼の活動の軸足のひとつとなっている“ジェネレーション・ギャップ”では、ハクエイ・キム、中村恵介ら若き俊英たちに胸を貸しながら活動を続けおり、この3月25日に1st作のリリースされた。

ということです。実はうちの家内がNYに住んでいたころに彼の奥さんととても親しかったのです。

鈴木さんの凄いところは、語るようなベースの弾きっぷりだけでなく、作曲をするということ。それも美しい曲ばかり。たとえばこの"Mistral"。こんなに美しいJazzはそうありません。

この日も良かったなぁ。和太鼓の友野龍士との共演もありました。これはちょっと引き気味でいたんですが、聴いたら素晴らしい。"藍 & モネ”という新曲もラヴェルみたいな感じと本人が言うだけあって、映画音楽に出来そう。

友人には、「オテロ来れば良かったのに、安藤さんのデズデモナ、素晴らしかった」と言われました。ハシゴできれば良かったけど、ほんと疲れてまして。。

とりあえず、偏頭痛はスパで80分、凝りに凝った左肩をほぐしてもらい、それまで毎日飲んでいたロキソニンを、ロキソニンの湿布にして張りまくったら、なんとかなってきました。

で、気を取り直して再来週の「運命の力」は行きます!。 藤原の「ランスへの旅」も取りました。ロイヤルオペラハウスの引っ越し公演の「マクベス」、「ドン・ジョヴァンニ」もチケットゲット。あとはバッティストーニ関連ですね。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/517-3510f2c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad