プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ドーヴィルへの旅

 5月の連休後のフランス行きは短い旅行でしたが、フランスのバレエ、オペラ、そして映画という芸術にたっぷり浸ることができました。映画は見てない? そう、見ていないです。でも、フランソワーズ・トリュフォーのお墓参りをして、そして念願だったブルゴーニュ地方、ドーヴァー海峡に面した保養地、ドーヴィルに日帰り旅行に行くことができました。何で、ドーヴィルかと言うと、ここは、1966年のカンヌ映画祭でグランプリを取った(この頃は”パルム・ドゥール“はなかったので、グランプリがトップでした。)、クロード・ルルーシュ監督の「男と女」の撮影の舞台になったところなんです。

 僕が、「男と女」フリークであることは、たしかこのブログのどこかでも書いたことがあると思います。1966年というのは、僕にとってはエポックメイキングな年でした。まずは、ビートルズが来日したこと。この衝撃は何年か後に、僕自身を英国に留学する発端になりました。親にはそうは言いませんでしたが、
”The long and winding road”というのはどんな道だろう、というのが留学の理由だったんですよね。そして、この「男と女」の主題歌、フランシス・レイの「ダバダバダ、ダバダバダ」という曲がヒット。そして、同じボサノバのグループ”セルジオ・メンデスとブラジル‘66“の「マシュケナダ」大ヒット。ボサノバも以来50年間のフリーク状態です。

 「男と女」は、内容を色々と評論するような映画ではありません。ただ、ただ、美しく、アンニュイで、でも、一生のうちに一回くらいこういう事に出会う人が3人に一人くらいいるんじゃないかと思うような映画です。とは言え、ちょっとエピソード的なことを書くとすれば、この映画はもともと、自動車会社のフォードがルルーシュにコマーシャルフィルムとして依頼したもの。それが、ルルーシュの熱意で長編映画になったのです。とは言え、予算は限られていたので、フィルムは半分が白黒で、これで現在のストーリー展開部分を映します。そして、カラーフィルムを奢っているのは、ほとんどが過去の想い出の部分。想い出が輝いている、”女“の心を良く表しています。スタントマンもあまり雇えないので、運転の腕に自信のあった”男”のジャン・ルイ・トランティニアンがフォードの協力を得て、実際にモンテカルロ・ラリーに参戦しています。”男“の映画での役名は、ジャン・ルイ・デュロックで、”女”のアヌーク・エーメの役名の”アンヌ・ゴーチェ“よりも実名に近く、ほとんど本人が素のままで出ているということです。

 二人が出会ったのが、ドーヴィル。幼い子供達が全寮制の学校に入っていて、彼等に会いに来るというのが発端です。そして、二人がうまく行くかなぁというところになるのもドーヴィルのホテルのレストラン。しかし、アンヌの亡くなった夫の影が彼女を引っ張り、二人は別々にパリに。アンヌは乗り換えの鈍行電車で、ジャンは、ラリー仕様のムスタングハードトップの1964 1/2モデル。当然、ジャンの方が先に着き、パリのサンラザール駅でアンヌを迎えところで映画は終わりになります。

 今回の旅行、スケジュールがタイトだったので、ドーヴィルまで行くつもりはなかったのですが、サン・ラザールの駅まで行ってみたら、映画の時そのまんまのホームがありました。これで、どうしても行きたくなり、翌日一番の7:45の電車を席を取りました。もちろん帰りは、アンヌと同じように、途中駅“リジュー”で乗り換えの列車を選びました。

 どうぞ、あとは下の写真と映画を見てください。とりあえずはDVDで。そのうち飯田橋のギンレイホールでやると思いますので、その時はお知らせ致します。

th-th-DSC01181.jpgサンラザール駅のホーム、昔のまんま。ここにドーヴィルから帰ってきたアンヌが降り立ち、ジャンと再会します。
th-th-DSC01227.jpg木製の埠頭。モンテカルロから夜を徹して走ってきたジャンが、ここからアンヌと子供達を探します。
th-th-DSC01217.jpg映画でいつも映っていた埠頭の先端。20年後に封切られた”男と女Ⅱ”のラストシーンがここで撮影されました。
th-th-DSC01210.jpgこれも映画に出ていたドーヴィルならではのビーチの木道
th-th-DSC01183.jpgドーヴィルへの列車。運良く、かなり古い車両が来ました。おそらく60年代にも使われていたと思います。





関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/532-154a622c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad