プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「沈黙」新国立劇場

 僕が、まだ高校生だった頃、一度だけ遠藤周作氏(先生)に、一ファンとしてお会いしたことがあります。場所は、文士劇団「樹座(きざ)」が芝居の公演を行った新宿の紀伊國屋ホールの楽屋。本当の目当ては、北杜夫氏に会うことだったのですが、紹介をしてくれた”文藝首都“の同人の方が、楽屋にいらした三浦朱門氏や遠藤氏にも会わせてくれたのです。北、三浦両氏はハイテンションな状態でしたが、遠藤氏は物静かに話されました。何を話したのかは今では覚えていません。その頃の僕は、もの書きになろうか、などという大それたことを考えていて、この諸先生方は、空高くのきら星のような存在でしたから、話が出来ただけでもう天にも昇る心地になってしまったんですね。

 その前だったか後だったか、とにかく遠藤先生の「沈黙」を読みました。その頃の愛読書だった北先生の「夜と霧の隅で」や「楡家の人々」に比べて、ただただ、「重い」と感じただけで、小説を理解するには至りませんでした。

 それから45年が過ぎ、僕は、本は何冊か出したものの、いまだ小説は書けず、今日のオペラで「沈黙」に再会するまで、遠藤先生のこの本を読み直したこともありませんでした。しかし今日、一生懸命、原作のイメージを思い出しながらオペラを見ていると、自分の魂が震えるのを感じたのは、やはり僕が齢をとったということでしょうか?このオペラは、プーランクの「カルメル会修道女の対話」などとは比較にならないほど奥の深い、人間の根源に迫るテーマを見事に表現しています。しかし、それについて、ここで僕のような素人があれこれブログに書くのは、今日はやめにしたいと思います。それは、このオペラが19世紀の日本で実際にあったであろうことを題材にしていることであると同時に、現代でも進行形で同じようなことが起きていると思うからです。書き出せば、日本人の本質や、現在の政治の状況などまで書いてしまいそうなのでやめにします。そして、この「沈黙」はやはりクリスチャンの方がどのように捉えるのかというのを、自分自身の意見を言う前に聞きたいとも思うからです。

 今日のオペラは、オペラというよりも演劇に近いものでした。実際、演出の宮田慶子は新国立の演劇芸術監督です。舞台には巨大な十字架と石の高台が廻り舞台に乗っており、これが客席に向かう方向と、照明の加減と、背景の絵が変わることにより、協会になったり、海辺になったり、牢屋になったりするのです。クプファーのパルジファルの舞台のような不思議な空間を作っています。出演者のフェイスブックなどを拝見して、この上演への準備、練習はかなり前からスタートしていたのを知っています。それだけに、実に完成度の高いパフォーマンスに到達していました。歌手も指揮もオケも、よくブログ(僕のだけではなく)に書かれるように、「最初は安全運転でしたが、2幕目からは調子を上げて〜」というレベルではなく、最初から素晴らしい。歌手は一応音域で配役されていますが、テノールとソプラノはバリトン、メゾソプラノの音域の下のほうまでカバーします。発生が難しいだろうなぁと思いました。特に“おはる”を演じた高橋薫子はメッゾからアルトのあたりまで、強い声を出すことを要求される役柄。いつもはレッジェーロなベルカントで美しい声を聴かせてくれますが、今日は強く地を這うような声まで聴かせてくれました。おはるが最後の懺悔をして亡くなるところは涙せずにはいられませんでした。この人は、やはり日本の本当のディーバですね。ロドリゴの小餅谷哲男は初めて聴きましたが、ドラマティックな演技と発声は観客を掴んで離さないものが有りました。キチジローの星野淳も声だけでなく、俳優なみの演技を要求される役を見事にこなしていました。地味な役でしたが、通辞(通訳)の吉川健一の高音は素晴らしく澄んでいました。

 難しい(聴く方にとっても)音楽を、バラバラにならず、美しくまとめた指揮の下野竜也も良かったです。

 ただ、いつものオペラ観劇と違い、僕はカーテンコールの時に“Bravo”しませんでした。なぜって、オペラが終わってからも舞台に立っている歌手が、歌手ではなく、劇中の宣教師、村人、役人にしか見えなかったのです。「ああ、これは原作をちゃんと読み返さないといけない」と思いました。
silence.jpg


 この日の新国立大ホールは満員。昨年までこの時期の日本のオペラの公演は中劇場でやっていたのですが、チケットはすぐに完売になっていました。日本人が日本のオペラをこれだけの高いレベルで公演して、Z席まで完売になるのであれば、年に1度ではなく2度、3度くらい日本人公演をやってほしいなぁと思いました。


ロドリゴ:小餅谷哲男
フェレイラ:黒田 博
ヴァリニャーノ:成田博之
キチジロー:星野 淳
モキチ:吉田浩之
オハル:高橋薫子
おまつ:与田朝子
少年:山下牧子
じさま:大久保 眞
老人:大久保光哉
チョウキチ:加茂下 稔
井上筑後守:島村武男
通辞:吉川健一
役人・番人;峰 茂樹


 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/538-964dc960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。