プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ヌッチの連投!見つけた!

来年のことを今から話すには早すぎますが、レオ・ヌッチのシモン・ボッカネグラとルイーザミラーが一週間の間に聴けるという、ラッキーなスケジュールを見つけました。

シモン・ボッカネグラ @ リセウ歌劇場(バルセロナ)

指揮:マッシモ・ザネッティ、演出、ホセ・ルイス・ゴメス、シモン:レオ・ヌッチ、アメーリア:バルバラ・フリットリ、ガブリエレ:ファビオ・サルトリ、フィエスコ:イルデブランド・ダルカンジェロ.......これはすごい陣容。4月12日と17日に公演です。他の日はドミンゴ、ヴァルガス、フルラネット、ロドリゲスというのも豪華。

で、もってルイーザミラーはこの1週間後 @ テアトロ・レアル(マドリッド)です。

指揮:ジェームズ・コンロン、演出:アンドレ・マスペロ、ミラー:レオ・ヌッチ、ルイーザ:ラナ・コス、ロドルフォ:フランシスコ・メーリ、ヴァルター伯爵:ドミトリー・ベロセルスキー、、これも豪華
こちらの初演は4月23日ですから、17日にバルセロナでシモンを聴いて、23日にマドリッドでルイーザ・ミラーを聴くというのは、素晴らしいアイデアだと思います。

ザネッティはもちろん、コンロンも大好きな指揮者です。LAオペラの常任なので、そこでしか聴いたことがありませんが、いつも繊細で上品、コンパクトな指揮が素晴らしい。レジョン・ド・ヌール勲章をもらっているほど、フランス・オペラに傾倒しており、ルイーザ・ミレル(!)でもそれが発揮されると思います。

だいぶ、先の話ですが、お知らせしておきます。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/540-126a10bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad