プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ドン・パスクワーレ&こうもり、新国立研修所公演

新国立劇場の研修所オペラ公演には、できるだけ行くようにしています。いつも聴き終わって、良い気分になります。日本のオペラの将来は明るいなぁ、って言う感じ。ヌッチがまだ現役で素晴らしいシモンやリゴレットを歌ってくれたり、ドミンゴがまるで全盛期のような声(テノールになっていますが)、でタイスのアタナエルを歌ってくれるのにも感激しますが、聴き終わった時には、「いつまで聴けるんだろう?」とか「誰が後を継ぐのか?(特にヌッチの場合)」という不安がよぎります。

その点、研修所の歌手は、僕の娘と同じ世代。彼等が全盛期になる時まで、こっちが生きてられるかという問題はありますが、希望を感じます。

そして、研修所というタイトルが不要なくらい、レベルが高い!

今日の“ドン・パスクワーレ”と“こうもり”という不思議な取り合わせの独伊オペラ・ブッファ対決は演出の粟國淳さんの深い思惑があったんです。彼はプログラムの中で「一方は音符のついている“レチタティーヴォ”と呼ばれる台詞であり、音符ののっとた抑揚と、リズム、音楽記号を深く読み解くことによって、キャラクターの正確や感情の表現を実現し、もう片方は台詞の”言葉と文章“を深く読み込んだうえで、感情や正確を現す抑揚やテンポ、間合いを自らが考え表現しなければなりません。」と書いています。2つの続く作品に課されたこの難題を、研修生は見事にこなしていましたね。

できるだけ多くの研修生を出すということで、両演目とも土日でほとんどのキャストが変わります。今日、圧倒的な存在感があったのは、昨年卒業した14期のテノール、伊藤達人、ドン・パスクワーレではエルネストを、こうもりではアルフレードを唄いましたが、実に甘い良い声です。テノールでもカウンターに近いような高い声ですが、ソフトなんです。その他にもタイトルロールの松中哲平(16期)、ノリーナの種谷典子(16期)がなかなか良かったです。ただ、全体のレベルとしては「こうもり」のほうが良くまとまっていました。オルロフスキー公爵の高橋紫乃(17期)は様式感のある締まったメゾソプラノで頭ひとつ抜けていました。アイゼンシュタインの岸浪愛学(16期)、ロザリンデの飯塚茉莉子も素晴らしかったです。しかし、2つの作品を比べて見ると、多分歌手にしてみればドニゼッティのほうが、相当難しいと思います。声の強弱ひとつ取っても、「こうもり」はあまり繊細さを要求しません。イタリアオペラって難しいんだなぁ、と思った次第。

それにしても、研修所を出た歌手が新国立で歌うことが少ないのは何故でしょう?たまに出ているのは幸田浩子くらい。林美智子も最近出ません。安藤赴美子、青山貴、清水華澄、与那城敬、中村真紀などたくさんいるのに。(出ている人がいたら失礼しました、、、ですが)新国立も日本人キャストだけで公演する作品を作っても良いと思います。この前「沈黙」を聴いて、今日の研修所公演を聴いて、ますますその思いが強くなりました。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/541-f7d0b48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad