プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ハーゲン・クァルテット@ミューザ川崎

 ハーゲン・クァルテットを生で聴いたのは、10年前、青葉台フェリアホールでした。その時の”ラヴェルの弦楽四重奏“の清冽な音が忘れられずに、その後も何度も来日の度にコンサートに通いました。ハーゲン・クァルテットはその名の通り弦楽の名門ハーゲン家の4人兄弟でスタートした弦楽四重奏団でしたが、長女のアンジェリカ・ハーゲンは早くにグループから抜け、次女のヴェロニカ・ハーゲンがヴィオラに入りましたが、出産中の一時期は三女(?)のアイリス・ハーゲンが代役を務めていました。現在のメンバーは下記の通り。

• ルーカス・ハーゲン (第1ヴァイオリン)
• ライナー・シュミット (第2ヴァイオリン, 1987年秋から)
• ヴェロニカ・ハーゲン (ヴィオラ)
・クレメンス・ハーゲン (チェロ)

 でも、今でも時々パンフレットやウェブサイトで、ヴェロニカの名前が間違っていることがあります。

 彼等の音は”清冽“というのがまさに当てはまると思うのですが、それを支えているのは、メンバーすべてがストラディバリウスの名器を持っていること。当初はクレメンスのみが自身で1698年製のチェロを個人所有し、ルーカスがオーストリア国立銀行から貸与されたヴァイオリンを使い、ライナーやアイリスはグァダーニのものを使っていましたが、今回の来日では、全員が日本音楽財団から貸与されたストラディバリウスの「パガニーニ・クァルテット」を使っていました。ミューザ川崎の素晴らしい音響とあいまって、やや明るめの音でした。この日の曲目は次の通り。

ハイドン:弦楽四重奏曲第58番 ハ長調 作品54-2
Haydn: String Quartet No. 58 in C major Op. 54-2

モーツァルト:弦楽四重奏曲 第21番「プロシア王第1番」 ニ長調 K.575
Mozart : String Quartet No. 21 in D major K.575
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調 作品131
Beethoven: String Quartet No.14 in C sharp -minor Op.131

 個人的な好みもあり、ハイドンが素晴らしかったです。ハイドンとしては、重厚感のある第1楽章は、びっくりするような転調で展開していきました。第3楽章のメヌエットは軽妙な楽曲ですが、全体としては落ち着いたハイドン、楽器の音色の良さを堪能できました。

 モーツァルトもベートーヴェンも良かったです。特にベートーベンの40分にもわたり7楽章から構成される第14番は、その長さを感じさせず、ハーゲンの「掛け合い」とも言えるピッチの速い演奏を堪能しました。

 ただ、ちょっとだけ残念だったのは、いつもアンコールでやってくれる”ラヴェルの弦楽四重奏“がなかったこと。アンコール自体もありませんでした。まあ、こういうベートーヴェンの後はそのまま終わったほうが印象が強く残って良いのですが。

ハーゲンというと、ベートーヴェンが多くなってきたこの頃、ハイドンとモーツァルトを入れてくれたのは嬉しいのですが、是非、ラヴェル、ドビュッシーなど、フランスものも演奏してほしいですね。

 10月はひさびさにヨーヨーマのリサイタルにも行きます。室内楽を良いホールで聴くのは幸せです。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/553-c8270fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad