プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ヨーヨー・マ&キャサリン・ストット @ サントリーホール

 ヨーヨー・マのチェロの音には、彼の人間性のすべてが表れていると思います。僕がヨーヨー・マを最初に聴いたのは90年代のバッハの”無伴奏チェロソナタ“でしたが、感銘を受けたのは、” ヨーヨー・マ インスパイアド・バイ・バッハ ミュージック・ガーデン“というドキュメンタリーの3枚もののDVD。トロントに”無伴奏チェロソナタ”をテーマに大きな庭を造っていく様子を演奏とともに映像表現したものですが、90年代の後半に、ある日曜の朝ベッドから起きてテレビを付けたらやっていたのを見て、釘付けになってしまいました。幻想の世界……この頃、彼は”無伴奏チェロソナタ“ばかりを弾いていた記憶があります。それまで、ミッシャ・マイスキーと、カザルスのCDに取り憑かれていた僕には、ヨーヨー・マの伸びやかなで、知性的、クールだけれど暖かい演奏は、僕のバッハに対する思いを広げてくれました。

 さて、この日(10月26日)のリサイタルのメニューは次の通り

1.「アーク・オブ・ライフ」組曲
J.S.バッハ/グノー:アヴェ・マリア
シベリウス:夢なりしか? op. 37, no. 4
ゲーゼ:タンゴ・ジェラシー
ドビュッシー:美しい夕暮れ
シューベルト:アヴェ・マリアD839
2.ショスタコーヴィチ
: チェロ・ソナタ ニ短調 op.40
3.ソッリマ
: イル・ベッラントニオ
 4.フランク
: チェロ・ソナタ イ長調 (ヴァイオリン・ソナタ編曲版)
 アンコール: エルガー「愛の挨拶」
ガーシュイン「プレリュード」
チャイコフスキー「感傷的なワルツ」

 すべての曲で、チェロとピアノがからみつくように音色を奏でていました。ヨーヨー・マは、ここ10数年の間にポピュラー音楽とのコラボレーションアルバムを数多く出しています。”プレイズ エンリオ・モリコーネ“、”プレイズ ピアソラ“、”オブリガード・ブラジル”などなど。ストットとは”オブリガード・ブラジル“でボサノバやMPBの曲を既に一緒に演奏しており、その時も実に素晴らしかったです。チェロというのは、どちらかというと「孤高の楽器」で、バッハの”無伴奏”ソナタに象徴されるように、クラシックをチェロ一本で表現するのを好む層(僕もそうでした)が多いと思います。コントラバスが、JAZZではウッドベースと言われ、ポピュラー音楽との橋渡しをしているのとは違う位置にいます。

 ですが、ヨーヨー・マの世界は彼だからこそできる、コラボレーション、彼の人間性が異質なものを懐に入れて、マの音楽として再構成しているのです。JAZZで言うと、ハーモニカのトゥース・シールマンスが、まさに同じような位置にいると思います。

 この日、とても好きだったのは、フランク
の「 チェロ・ソナタ イ長調 (ヴァイオリン・ソナタ編曲版)」でした。ヴァイオリン版なので、高音が多いのですが、全く無理なく聴かせてくれました。

 次のヨーヨー・マの挑むテーマは何でしょうね。楽しみです。



 

 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/559-daf747d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad