プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

イェヌーファ

このオペラ、前評判が高かったようで、うっかり1ヶ月前まで予約をしていなかったら、二人並びのシートがなかなかなくて、結局A席でも最良とは言えないシートになりました。男性の観客が多かったですね。ph_interview01_01.png

結論から先に言うと、とても良かったです。予想以上に感動しました。「利口な女狐の物語」も大好きなオペラですが、この“イエヌーファ”はそれとは違ったうねるような音楽と、見る者の心を直接えぐってくるような心理戯曲のような鋭利なオペラです。イェヌーファのポスターやプログラムに出ている、赤い袖無しのドレスを着たイェヌーファのイメージは、僕には3年前に訪れたザルツブルグ美術館にあったアレックス・カッツ(NY在の現代美術家)の作品(下をご覧下さい)をほうふつとさせていたので、なんか女狐的な洒落た(?)悲しさだろうという感じをもっていました。しかし、実際にはけっこうおどろおどろしいストーリー!!あらすじは、こちらをご覧下さい。新国立劇場特設サイトth-th-DSC01837.jpg




1903年の初演ということですから、カヴァレリア・ルスティカーナや道化師などの影響があるのかと思ってしまいますが、ヴェリズモの作られた世俗性のようなものではなく、もっと普通の現実感があり、現代でもこのような犯罪は起きうるというものだと思います。小説を読むような感じで、オペラだからと言ってストーリーに飛躍や矛盾が無い。だから、登場人物の悲しみと苦しみ、虚しさがストンと胸に落ちてきます。クリストフ・ロイの演出は絵画的で、ひとつひとつの場面で丁寧にポラを切って作っているような(古い表現ですみません)感じがしました。モダンバレエの舞台みたいでもありますね。白一色の刑務所からの回想シーンで始まるのですが、それがコステルニチカの家になり、その外に麦畑でしょうか、色が出てくるのがとても新鮮です。

ヤナーチェクはそんなに聴いていませんから、指揮について何かを言えるわけではないのですが、日本ではお馴染みのトマーシュ・ハヌスはチェコのヤナーチェク音楽アカデミーの出身ですから、いわばヤナーチェクのスペシャリストでしょう。歌手の歌の前後に付くようなメロディーから、要所で一気に盛り上がるところはやはりヴェリズモぽいとも言えそうです。

タイトルロールのミヒャエラ・カウネ、2010年のアラベッラの時にはあまり感心しなかったのですが、今日は良かった。そしてラッツァ役のヴィル・ハルトマンは新国立初登場だが、実にきらびやかな伸びる高音と感情を込めた中音部で素晴らしかったですびっくりしたのは、ブリヤ家の女主人を演じたハンナ・シュヴァルツ。芳醇なメッゾソプラノで声量もありますが、僕のオペラの友人によれば御年73歳とのこと。まあ、ヌッチやドミンゴと同じ世代ですが、女声ですから声をキープするのも大変だろうと思います。

プログラムを読んでわかりましたが、若杉さんが1970年代に日本で初公演をしたのですね。何度も言いますが、飯守さんに芸術監督が変わってから、新国立のラインナップ本当に良くなりました。6月には御大みずからローエングリンを振ってくれるのも楽しみですし、来年はついにドニゼッティが入りましたね。「ランメルモールのルチア」!!これも楽しみです。

【イエヌーファ:スタッフ/キャスト】
指揮:トマーシュ・ハヌス  
演出:クリストフ・ロイ

ブリヤ家の女主人:ハンナ・シュヴァルツ
ラツァ・クレメニュ: ヴィル・ハルトマン
シュテヴァ・ブリヤ:ジャンルカ・ザンピエーリ
コステルニチカ:  ジェニファー・ラーモア
イェヌーファ:    ミヒャエラ・カウネ
粉屋の親方:    萩原 潤
村長:        志村文彦
村長夫人:     与田朝子
カロルカ:      針生美智子
羊飼いの女:    鵜木絵里
バレナ: 小泉詠子
ヤノ: 吉原圭子

合唱指揮: 冨平恭平
合 唱: 新国立劇場合唱団
オーケストラ: 東京交響楽団





関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/574-a08c3928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad