プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

オペラ・スクオーラ講座セミナー終わりました。

23日水曜日に、新百合ヶ丘の昭和音楽大学北校舎5階 ラ・サーラ・スカラで開催された、川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカ発)アート講座第 「オペラ・スクオーラ」の第4回目の講師として、「オペラに見る男と女の素敵な関係」というテーマで2時間お話をしてきました。

大学で教えていますから、しゃべるのは慣れています。けれど、オペラをテーマにして180人もの方を前に話すのは本当に緊張しました。けっこう練習しましたけど、練習通りには行きませんでしたね。それでも、講演後、何人かの来場者の皆様とお話することが出来て良かったです。

今回の「男と女の素敵な関係」は次の例を取り上げました。

 “愛と妙薬”のアッディーナとネモリーノ
 “夢遊病の娘”のアミーナとエルヴィーノ+ロドルフォ伯爵
 “フィガロの結婚”のスザンナとフィガロ、伯爵夫人とケルビーノ、伯爵夫人と伯爵
 “ばらの騎士”のオクタヴィアンとゾフィー、オクタヴィアンと元帥夫人
 “こうもり”のアイゼンシュタインとアデーレ
 “ラ・トラヴィアータ“ のヴィオレッタとアルフレード+ジェルモン、そしてアルフォンシーヌ・プレシとペレゴー伯爵

ばらの騎士とこうもり以外は、藤原歌劇団のご厚意で、映像をお借りすることができたので良かったです。しかし、なにせ、トラヴィアータ好きの僕なので、話の半分くらいを”ラ・トラヴィアータ”に裂いてしましました。ペレゴー伯爵の話は良い話です。これはオペラ以上に実話で「素敵な関係」があったということですね。

もしご覧になってなかったら、僕が昨年に、日本ヴェルディ協会の機関誌”ヴェルディアーナ”にのせたエッセイをご笑覧くださいませ。http://provenzailmar.blog18.fc2.com/blog-entry-564.html


その前の週末は、ベーシストの鈴木良雄さんのライブセッションに行きましたが、それはまた次回。。。。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/576-d7932c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad