プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

劇付随音楽「ペール・ギュント」全曲

 今年から、東京フィルハーモニーのオペラシティでの公演の定期会員になりました。最近の東フィルは素晴らしく、プログラムも充実しています。何しろ大好きなバッティストーニの指揮だけでも、年に2ー3回は入っているので、定期会員のチケットはとても割安だと思います。シートも毎回同じ場所なのも気分が良いです。

 その第一回目は、エドヴァルド・グリーグの劇付随音楽「ペール・ギュント」全曲。27日の公演に行ってきました。ペールギュントは小学校の音楽鑑賞では必ず聴く曲目ですが、たしか「組曲」だったのでは? その通りです。全曲(26曲)が初めて上演されたのは、1987年ということですから、つい最近なんですね。

 指揮者のミハイル・プレトニョフ、実はこの曲目を昨年に東フィルで指揮するはずだったのが、キャンセルになっていました。情報通の知り合いの歌手の方の話だと、彼は昨年実の母を亡くして精神的に落ち込んで来日できなかったとのこと。ですので、今年の公演を待ち望んでいた人も多いと思います。

 このプレトニョフの指揮、丁寧で繊細、そしてなにより品格がありました。26曲のうちのかなりの曲目は、「組曲」で聴いたことのある曲ですが、それらが初めて聴く他の「全曲」の中にきちんとはまって、壮大な叙事詩の音楽になり、休憩を入れて2時間40分というオペラ並の長丁場になりましたが、まったく飽きません。2幕目の終わりの「オーセの死」は、ペールギュントを愛した母親の死のシーンですが、ここで前述のプレトニョフと母の別れのことを思い出すとこちらはウルウルしてくるのですが、指揮はあくまで感情を過度に表さずに押さえて、実に格調高い音楽を作り出していました。

 歌手の中では、ペール・ギュントを待ち受けるソールヴェイを歌ったノルウェーのソプラノ、ベリト・ゾルセットが素晴らしかった。北欧の冷たく清らかな空気と水を感じさせる透き通った声。ヴィブラートがなく、高音まで立ち上る様は天まで光の柱が立ち上るようでした。今回が初来日とのことですが、オペラでも来て欲しいですね。

 語りの石丸幹二、ミュージカルで名を馳せていますが、東京芸大の声楽科の出身ということもあり、クラシックにも造形が深く、素晴らしい声でイプセンの原作の戯曲部分を2時間版近く一人で語ってくれました。ただ、聴く方としては、かなりの量の語りと音楽の両方を一度の公演を聴くだけではちょっと消化しきれない感じはありました。その知り合いの歌手の方は、この公演をオーチャードホールとサントリーホールで聴いて、この日は3回目と言っていましたが、たしかに3回くらい聴いて、語り、音楽、その両方をしっかりと聴きたかった感じがします。

 東フィルの定期演奏会、5月はバッティストーニです。楽しみ!

ソールヴェイ(ソプラノ):
ベリト・ゾルセット
ペール・ギュント(バリトン):
大久保 光哉
アニトラ(メゾ・ソプラノ):富岡 明子
合唱:新国立劇場合唱団
語り:石丸 幹二
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/579-0a27fef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad