プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

再びバッティストーニ。ヴェルディ、ロータ、レスピーギ

 東フィルの6月10日の定期公演に行けないため、この切符を5月16日のサントリーホールでの公演に交換してもらいました。こういうサービスがあるのはとても便利です。

指揮:アンドレア・バッティストーニ
曲目 ヴェルディ/歌劇『ナブッコ』序曲
ニノ・ロータ/組曲『道』
レスピーギ/交響的印象『教会のステンドグラス』

 最初の曲は、久しぶりにバッティのヴェルディ。去年の5月に『シチリア島のゆうべの祈り』の舞曲を聴いて以来。ナブッコは彼が日本にデビューした2012年に二期会で振った演目であり、(先ほどまで"新国立”と誤って記載していました。すみません。)CDにも”Va Pensiero (黄金の翼に乗って)“が入っており、もはや彼の得意演目になっています。最初の金管の響きからして遠くから観客席をめがけて音を飛ばしてくるような緊張感があります。そして、破壊的とも言える”イズマエーレの裏切りのテーマ”にかかるところは、まさにバッティの真骨頂。音が三次元的に洪水のように降りかかってきます。そして、”Va Pensiero”のテーマに戻る時のしっとりとした感じとテンポの切り替え。以前よりもスローになっていると思いますが、彼の熟成を表しているのではないでしょうか。「やっぱりヴェルディはいいなぁ」と思います。この序曲を「雑な曲」という音楽学者もいるそうですが、オペラの構成を凝縮した、実に緻密な序曲だと思います。

 ナブッコ序曲は10分足らずで終わり、2曲目は、ニーノ・ロータの『道』のバレエ組曲。フェリーニの映画は「ローマ」と「道」しか見ていませんが、「道」でのアンソニー・クインがトランペットで吹く(たしか吹いていたと思います。)主題曲、そしてキュートなジェルソミーナの印象が白黒で頭に焼き付いています。このバレエ組曲では、主題のテーマは不協和音の中から頭を持ち上げるように出て来ますが、何か不思議で悲しい印象。全体に映画のサントラのようなセンチメンタルな流れは少なく、サーカス団の賑わいや、ザンパノとジェルソミーナの狂気的な部分が音にされて、実に興味深い音楽でした。バッティの指揮はその魅力を120%引き出してくれています。ニーノ・ロータ、エンリオ・モリコーネの音楽はヴェルディ、プッチーニ、そしてヴェリズモの作曲家の流れを組んでいるなぁと思ったしだい。。。。感心しているうちに30分が過ぎました。

 そして、最後がこれも初めて聴くレスピーギの「協会のステンドグラス」。もはや、レスピーギと言えばバッティストーニという感じのここ数年のクラシック界。期待通り、いやそれ以上でした。曲のタイトルのように、色彩が散りばめられたこの曲、バッティはその色彩のひとつひとつを水晶の柱を伸ばすように立体的に指揮していきます。この曲自体はグレゴリオ聖歌の影響を受けているようですが、僕には先日ニースで見たシャガールのステンドグラスが思い出されました。最終章にパイプオルガンが鳴り響くところは圧巻でした。レスピーギは、バロックも良く勉強していたそうですね。この「協会のステンドグラス」の8年前の1917年には『リュートのための古風な舞曲とアリア』という僕の好きな曲を書いていますが、これはまた全く違う作風。

https://www.youtube.com/watch?v=S27LDn5pBgs

さらに昨日はアンコールがあったのです。マスカーニのカヴァレリア・ルスカティーナの間奏曲。CDに入っているのを聴いたときには、ちょっと曲の流れがガクガクしている印象があったのですが、だいぶ手慣れた感じになっていて良かったです。弦が分厚い感じ。まあ、これは曲がいいですからね、アンコールでやると大拍手になるのは当然でしょう。この秋にはマスカーニのオペラ"イリス”を演奏会形式で振るので、そのことと関連づけてのアンコールだと英語で言っていました。

16日のバッティストーニ、大満足でした。先日のブラームスもとても良かったですが、やはり個人的にはバッティストーニにはイタリア物、それもヴェルディを振ってほしいです。ルイーザ・ミラーやファルスタッフなど、イタリアで振った作品を日本でもやってほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/582-74183bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad