プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セビリアの理髪師 @ 日生劇場

 この公演、とても楽しみにしていました。なんたって、上江隼人さんのロッシーニが聴けるんだから!期待通りでしたね。上江さんがブッファ自体を歌うのも初めてでは?明るく切れが良く、甘く、でも甘すぎず、低音から高音まで段の無い美しい声とイタリア語が素晴らしい。僕、イタリア語は片言しかわからないんですが、まあ、綺麗なイタリア語というのはなんとなくわかるものです。僕は彼のヴェルディしか聴いた事なかったのですが、こうして聴いてみると、彼のロッシーニもいいですねー。

 歌手ではロジーナの中島郁子さんも良かったですね。装飾歌唱が素晴らしい。強いロジーナという感じ。Una voce poco faも貫禄を感じました。バルトロの久保田真澄さん、最近はウェルテルの大法官、清教徒のジョルジュ叔父などで迫力のあるバスを聴いていましたが、昨日は演技も入って、実に魅力的なバルトロを作り上げてくれました。
sevilla_omote.jpg
 ただ、アルマヴィーヴァ伯爵の山本康寛さん、ちょっと安心して聴けませんでしたね。最後の大アリアを歌ったのは立派でしたが……..

今回の”セビリアの理髪師“の満足感が強いのは、歌手が素晴らしかったこともありますが、何と言ってもマエストロ園田隆一郎さんの指揮が締まっていたこと。ゆったりとしたテンポで明確な音を出してきます。チェンバロの弾き振りですので、レチタティーヴォの入り方も実にスムース。ペーザロで振っているだけありますよね。ロジーナなどところどころテンポが上がってしまうところもありましたが、実に自然にオケを一緒に連れて行きます。

 そして、粟国淳さんの演出も良かったです。廻り舞台をフルに使って、大道具の裏側も舞台にしてしまう。舞台美術は書き割りばかりですからお金はかかっていないですが、実に軽快でわかりやすい演出でした。2幕最後のフィナーレをバレエのパ・ド・ドゥのように一人一人を順に出してきて歌わせる、ヒットパレードのような演出も洒落てましたね。\5,000-のB席でしたが、満足感は5倍くらいの価値がありました。

 さて、今日はこれから夜行便のフライトでラスベガスへ、、、年に一回のライセンスショーです。ホテルはルクソールというところで、アイーダの舞台みたいなんですが、ラスベガスにはオペラは無し。ギャンブルにも興味の無い僕には苦痛です。外は摂氏40度ということで、脱水症状にならないようにだけ心がけて行ってきます!

指揮:園田 隆一郎
演出:粟國 淳
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
アルマヴィーヴァ伯爵:山本 康寛
ロジーナ:中島 郁子
バルトロ:久保田 真澄
フィガロ:上江 隼人
ドン・バジリオ:デニス・ビシュニャ
ベルタ:藤谷 佳奈枝
フィオレッロ:清水 勇磨
士官:妹尾 寿佳
アンブロージョ:木谷 圭嗣
公証人:及川 貢
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/584-e8908dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。