プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年後半の観劇プラン

 早くもおせち料理の案内が届いたので(あまりに早い!)、今年もあと3ヶ月ということに気づきました。毎年10〜11月はオペラの公演ラッシュになるので、ここらへんで何を見に行くのか、一旦整理してみました。

 まず、何より残念だったのは、10月8日からパルマのフェスティバル・ヴェルディに行くつもりで、飛行機のチケットもホテルも取っていたのに、肝心の公演の切符が取れず、ドン・カルロ、群盗、ジョアンナ・ダルコの三作を1週間で見るという旅行を断念せざることになったことです。ヨーロッパのエージェントを通しても席が取れなかったのは初めてです。

 それで、気を取り直して秋冬の予定を立て直しました。

■2016/10/2 ワルキューレ                新国立劇場

■2016/10/8あたり コジ・ファン・トゥッテ                 テアトロ・ジーリオ・ショウワ

■2016/10/16 エフゲニー・オネーギン(マリインスキー) 文化会館

■2016/10/19            ヴェルディ『ルイザ・ミラー』序曲
                      ヴェルディ『マクベス』より舞曲
                      ロッシーニ『ウィリアム・テル』序曲他
                      アンドレア・バッティストーニ指揮東フィル     オペラシティ

■2016/10/30            セミラーミデ                 藤沢市民会館

■2016/11/6                ノルマ                     オーチャードホール

■2016/11/9                ワルキューレ(ウィーン国立歌劇場)   文化会館

■2016/11/26            ナクソス島のアリアドネ(二期会)      日生劇場

■2016/11/27            シューマン:歌劇「ゲノフェーファ」序曲 他
                      パーヴォ・ヤルヴィ指揮
                      ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団 横浜みなとみらいホール

というところです。ウィーン歌劇場の、フィガロの結婚、ナクソス島のアリアドネも行きたいのですが、チケット高いですねー。とりあえず、ニーナ・シュテンメ、ペトラ・ラングという大物が歌う"ワルキューレ”だけ押さえました。これがこの秋の目玉です。それで、ナクソス島は二期会で聴こうと思います。ノルマはグルベローヴァの方を取りました。パルマ行きがなくなり、ヴェルディの演目が、東フィルの序曲の公演しかなくなってしまったのは、とても寂しいですね。個人的にお勧めなのは、10月の連休のテアトロ・ジーリオ・ショウワの”コジ・ファン・トゥッテ”。昭和大学のオペラ公演ですが、毎年聴きに行って裏切られたことがありません。
http://www.tosei-showa-music.ac.jp/event/20161008-00000153.html
S席で¥4,800-とウィーン歌劇場の1/10です!

バレエは、時間が取れたら新国立の”ロメオとジュリエット”を考えています。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/592-1f03561c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。