プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

新国立劇場バレエ研修所発表公演

 10月23日、新国立劇場バレエ研修所、第12期生、第13期生の発表公演、”オータム・コンサート2016”に行ってきました。当日の午前中に、思い立ってチケットを取ったのですが、最後の3席のうちの1席が取れました。オペラ研修所の公演もそうですが、研修生の家族や先輩、後輩などが詰めかけるので、すぐに満席になってしまうのでしょう。

 中劇場で行われた公演は、休憩も入れて2時間でしたが、とても充実した内容でした。プログラムは次の通り。

『パキータ』より グラン・パ・クラシック
パキータ :関 優奈
リュシアン:芳賀 望(ゲスト)
ヴァリエーションⅠ:中島春菜
ヴァリエーションⅡ:丸山さくら
ヴァリエーションⅢ:赤井綾乃

キャラクター・ダンス レッスン (ピアノ演奏:吉田育英)
研修生

自作自演作品
『desire』 赤井綾乃 音楽:H.ジマー「Discombobulate」
『Resistance of ERASER』横山柊子 音楽:B.バルトーク「コントラスツ」第1楽章ヴェルグンコシュ
『葛藤』渡邊拓朗 音楽:A.コレッリ「ヴァイオリン・ソナタ第7番ニ短調」第4楽章

『白鳥の湖』第3幕より 王子のヴァリエーション  佐藤 鴻

『コッペリア』より パ・ド・ドゥ 杉山澄華
江本 拓(ゲスト 新国立劇場バレエ団登録ファースト・ソリスト)

『ラ・バヤデール』第2幕より パ・ダクション
ガムザッティ:横山柊子ソロル :渡邊拓朗


司 会 :小比類巻 諒介(演劇研修所第11期生)

 ソロで踊ったダンサーは、技術的には、既に充分なものを身につけていると思いました。フェッテなども素晴らしいものでした。あとは、表現力をどのように自分なりに付けていくのか、、まだ若いので、これから伸びしろがいくらでもあるように思います。パキータを踊った関さん、スター性がありますね。素敵でした。自作自演での渡邊さん、鋭い動きで空間を切り裂くような感じがありました。

 今月はオペラでは、昭和音大のコジ・ファン・トゥッテ、そしてこの新国立の研修所公演と、若手の練習を積んだ素晴らしい発表を見て、実に良い気分です。ちなみに、この公演は全席指定で\2,160-、すごいマネー・フォー・ヴァリューです!
th-th-IMG_1992.jpg


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/598-176ebf12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad