プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

オーストラリアバレエ団白鳥の湖

2007-07-16 14:28f0148711_14183677.jpg

2007年14日の土曜日、台風4号接近の中、招待の切符があったので、来日中のオーストラリアバレエ団の「白鳥の湖」を見に、東京文化会館まで行ってきました。最近バレエは一人で行くことが多い。6月のミラノスカラ座のドン・キホーテもそうだっった。とにかく女性の観客が多くて、いつも男性トイレがひとつ女性用になってしまっているくらい。ドン・キホーテはタマラ・ロホとホセ・カレーニョのクラシックな演出での踊りが素晴らしかったけど、今回の白鳥は、現存の演出家のグレアム・マーフィーの最近の作品で、いままでの白鳥とは全く違う。英国王室を皮肉った(?)もので、ダイアナが白鳥で婚約者のチャールズ皇太子にカミラ・パーカーならぬ男爵夫人という愛人がいることがわかって、幽閉されてしまうという作りになっている。こりゃ、英国で初公演やったときは、大変なセンセーションになったはずだ。うまくリンクするかわかりませんが   http://www.nbs.or.jp/stages/0707_australian/index.html  の下のほうに予告編のような動画あり。おもしろいです。

今年はこのブログスタートの前にすでに随分オペラ、バレエ、コンサート行来ました。下記がそのリスト

1月ランメルモールのルチアデジレ・ランカートレの一人舞台、カラスのよう。
2月ヴェッセリーナ・カサロバロッシーニ主体ややオーバーアクションっぽい
3月さまよえるオランダ人      アニヤカンペ良いが演出悪い。沈黙の戦艦か?
3月タンホイザー   生の小澤見ただけで感激。画家という演出もおもしろい。
4月 エディタ・グルヴェローバ感涙ものの素晴らしいコンサート帰りに上野公園花見
4月 ラクメ byスロベニア国立デジレ・ランカートレの追っかけになりそう。
5月 熱狂の日々で、                 アントニア・コントレラス「恋は魔術師byファーリャ」
                                          香港シンフォネッタ (グリーグ;ドヴォルザーク)
                                          庄司紗矢香(vl);ボリス・ベレゾフスキー(p)
5月 バレエ コッペリアbyルシア・ラッカラローラン・プティ版やっと見た!
5月 歌舞伎座団菊祭女暫、め組のけんか(久しぶり歌舞伎)海老蔵見直した!
6月 ドンキホーテ(スカラ座バレエ)ホセカレーニョ、タマラロホ最高だが他はダメ
6月 ばらの騎士新国立メゾゾプラノカンカンなかなか良い
7月白鳥の湖グレアム・マーフィ版演出がおもしろかった。ルシンダ・ダンはさすが。

関連記事
スポンサーサイト

FC2Ad