プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

クルレンツィスのドン・ジョヴァンニ

12月は、新国立の「セビリアの理髪師」で大アリアを聴いて、ジョナサン・ノットのコジ・ファン・トゥッテにも行こうと思っていたのですが、さすが歳末、なんかチョー忙しくなってしまい、どちらも諦めざるを得ませんでした。残念無念。特にジョナサン・ノットの演奏会形式のコジ、良かったみたいですねー。

というわけで、せめて何か家で聴こうと思って、ちょっと遅いんですけど、テオドール・クルレンツィスの「ドン・ジョヴァンニ」を買いました。クルレンツィスはここ1-2年の間にフィガロの結婚、コジ・ファン・トゥッテをCD化しており、すごい話題になっていましたので、これで、ダ・ポンテ三部作完成というわけです。
th-IMG_2031.jpg

まずは序曲から、びっくりです。とは言ってもフィガロの時に、もう、凄くびっくりさせられましたので、ある程度は予想範囲内。フィガロ同様に早いテンポで、切れの良い包丁で肉をザクッ、ザクッと切っていくような音作り。荒くなる寸前のところ、崖っぷちでとどまって、鮮烈な印象です。歌手は、いつものように肩の力を抜いたおしゃべりのような歌いで、あくまでも音楽が前に来ます。古楽器によるロックかラップを聴いているようです。

なんでも、ペルミのスタジオで一回全部を録音したのを聴いて、「駄目だ。やり直し」と再録したそうです。いや、コスト度外視ですね。スタジオ録音ということもあり、録音技術がすごいと思います。クルレンツィスの凄さを感じるのは、この録音によることも大きいですね。多分、マイクと歌手や楽器が、すごく近いのだと思います。

最近、クラシカでクルレンツィスのインタビューがあったそうですが、聞き逃しました。ここで聴けます。ドイツ語のナレーションがかぶりますが、英語です。もうひとつ、ここにも。。。

いや、かなりアクの強い人物というか、クールというか...バッティのようなフレンドリーな感じはしません。

しかし、このドン・ジョヴァンニ癖になります。車でも聴いています。

日本にも来て欲しいものですが、自分のオケである「ムジカ・エテルナ」を連れて来なければ駄目だということと、日本にあまり興味が無いんだそうです。そこで、クルレンツィスを聴きたい方は、来年夏のザルツブルグへ行きましょう!

モーツァルトのレクイエムと皇帝ティトが聴けます! ミサイル基地のあるペルミよりは近いと思います。


モーツァルト
歌劇 “ドン・ジョヴァンニ” K.527(全曲)

ディミトリス・ティリアコス(バリトン/ドン・ジョヴァンニ)
ヴィート・プリアンテ(バリトン/レポレッロ)
ミカ・カレス(バス/騎士長)
ミルト・パパタナシュ(ソプラノ/ドンナ・アンナ)
ケネス・ターヴァー(テノール/ドン・オッターヴィオ)
カリーナ・ガウヴィン(ソプラノ/ドンナ・エルヴィーラ)
グイード・ロコンソロ(バリトン/マゼット)
クリスティーナ・ガンシュ(ソプラノ/ツェルリーナ)

テオドール・クルレンツィス(指揮)
ムジカ・エテルナ

2015年11月23日-12月7日、ロシア、ペルミ、セッション録音
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/607-936455e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad