プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

2016年の観劇(感激)ベストテン

2016年の観劇(感激)ベストテン

1位:「ルイーザ・ミラー」 テアトロ・レアル(マドリッド)
2位:「ワルキューレ」 ウィーン国立歌劇場(来日)
3位:「ナクソス島のアリアドネ」ウィーン国立歌劇場(来日)
4位:「エフゲニー・オネーギン」マリインスキー歌劇場(来日)
5位:「ローエングリン」新国立劇場
6位:「エトワール・ガラ(バレエ)」パリ・オペラ座(来日)
7位:「イエヌーファ」   新国立劇場
8位:「イル・トロヴァトーレ」 二期会
9位:「シモン・ボッカネグラ」 グラン・テアトロ・リセウ(バルセロナ)
10位:「ペールギュント」 東京フィルハーモニー
11位:「セミラーミデ」 藤沢市民オペラ
番外:「ドン・カルロ」 マリインスキー歌劇場(来日)

 毎年末恒例で、ごく個人的な観劇ベスト10(今年はベストイレブン)をリストアップしてみました。

 1位は、ダントツ。コンロン指揮、レオ・ヌッチ、ラナ・コス、ディミトリー・ベロセルスキーと役者もそろった、ヴェルディの傑作“ルイーザ・ミラー”(イタリア読みでは、"ルイーザ・ミッレル”が本当でしょうか。)!今までに聴いたヴェルディのオペラの中でもベスト3に入るのではと思います。演奏会形式で、これほどのめり込めて幸せになったことはありません。とにかく指揮と歌手の力が素晴らしかったです。はるばるマドリッドまで行った甲斐がありました。この演目、日本では滅多に公演されませんが、ストーリーもおもしろいし、聴き所もたくさんあるし、やってほしいものです。

 2位、3位にはウィーン国立歌劇場来日公演を入れました。今年は、10-11月で、この2演目、それぞれ違うプロダクションで2回づつ聴くという幸福な経験をしました。ウィーン国立歌劇場の公演は、歌手も素晴らしかったですが、やはり指揮とオケが本当に良い。そして新しい響きがあるのです。来年5月には、ウィーンに赴いてオットー・シェンクの「ばらの騎士」を聴く予定です。

 あと、特筆したいのは、4月の東京フィルによるグリーグの劇付随音楽「ペール・ギュント」全曲です。プレトニョフの優美できめ細かく、品格を感じさせる指揮と、ノルウェーのソプラノのベリト・ゾルセットのヴィブラートの全くない清冽な歌唱が印象的でした。

 今年は、ルイーザ・ミラー、セミラーミデ、そしてこのペール・ギュントと演奏会形式で聴いた公演が3つありましたが、どれも素晴らしかったです。オペラを「音楽としてのみ聴く」というのに、疑問を持つかたもいらっしゃると思いますが、音楽にじっくりと浸れるというのは幸せだなぁと感じた年でした。

 それで、来年の観劇で予定している公演は次のようなものです。後半はまだ増えると思います。また、劇場でお目にかかりましょう。それでは、皆様、良いお年をお迎えください。

1月 ウィーンシュトラウスフェスティバル
1月     ワーグナー/歌劇『タンホイザー』序曲  佐渡裕指揮東フィル
2月     蝶々夫人                               新国立劇場
2月      グリーグ:ホルベアの時代から他            千住真理子&スーク室内管弦楽団
2月      オテロ                               フィオーレオペラ(新国立中劇場)
2月     レクイエム(ヴェルディ)                  バッティストーニ指揮
2月      ボレロ(オーレリ・デュポン)            パリオペラ座(来日)
2月      ストラヴィンスキー/ロシア風スケルツォ    プレトニョフ指揮東フィル
3月      シルフィード                   オペラ座来日
3月      グラン・ガラ                   オペラ座来日
3月      ラスマニノフピアノ協奏曲                バッティストーニ公開リハ
3月      ラスマニノフピアノ協奏曲                バッティストーニ指揮東フィル
3月      ランメルモールのルチア            新国立劇場
3月      中村恵理リサイタル                オペラシティ
4月      セビリアの理髪師                藤原歌劇団
5月      春の祭典                          バッティストーニ指揮東フィル
5月      DER ROSENKAVALIER            ウィーン歌劇場
5月      Tannhäuser                    バイエルン歌劇場
5月      TRAVIATA                    フェニーチェ歌劇場
6月      ジークフリート                    新国立劇場
6月      リストブラームス                東フィル
6月      トラヴィアータ                    マッシモ劇場来日
6月      ノルマ                        日生劇場
7月      マーラー2番復活                       ミョンフン指揮東フィル
9月      オテロ                        二期会バッティストーニ指揮
9月       タンホイザー バイエルン歌劇場(来日)
9月       ベートーヴェン英雄                    ミョンフン指揮東フィル
10月      ハイドンシューベルト                    プレトニョフ東フィル
11月      ルサルカ                     日生劇場
12月      ランメルモールのルチア                  藤原歌劇団

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/608-67187716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad