プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

時節の色(バレエ)

2008.3.22 
ノイマイヤーというドイツ人演出の現代バレエ。頂いた切符だったのですが、その後にボズ・スキャッグスの公演があり、やむなく途中退出。メチャクチャな趣味の拡散状態です。が、正直、どうもドイツのバレエ....ピンと来ません。これも現代解釈というか、モダンというか....和の要素も入れてるんですが、モダンなら、アルビン・エイリーのほうが良かった。躍動的で。バレエはオペラにも増して素人ですし、著名なシュツットガルト・バレエ団も見て無くて、ドイツのバレエがどーだら、言う□(資格)はないのでおしまい。
関連記事
スポンサーサイト

FC2Ad