プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

樫本大進&アレッシオ・バックス リサイタル

 7月12日水曜日、平日の19時からの公演です。家内がプロモーターのジャパン・アーツの会員(夢倶楽部)なので、年に一回、一人分のチケットがただになります。これを利用しての鑑賞。このシステムはとても良いです。今まで、希望した公演のチケットを取れなかったことはないし、今回のように僕も一緒に行く時は、座席を隣同士に取ってくれます。

 樫本大進は、昨年の11月、横浜で、パーヴォ・ヤルヴィが指揮するドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団と共演した際に、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲 ニ長調 を聴きました。その時の印象はとても良かったのですが、一曲だけしか聴けなかったので、今回はもっと堪能しようと、、、、どちらかと言うと、家内のほうが張り切ってオペラシティまで出かけました。

 1曲目のモーツァルトのヴァイオリンソナタ ト長調は、公演前に他の奏者でも聴いて予習をしていたのですが、樫本のヴァイオリンの実に柔らかく抱擁されるような音色と、バックスの繊細なピアノタッチが、ヴァイオリンとピアノの一体感を醸し出していました。樫本の音色の柔らかさは、彼が使用しているガルネリの音質もあるのでしょうか?ガルネリの裏板はストラディバリよりも多少厚く、その分音が丸くなるとも言われています。

 続くブラームスのヴァイオリンソナタ第一番「雨の歌」は、とにかく品格がありました。曲が進むにつれて緊張が増すのですが、気品のある演奏に感動しました。

 休憩後の曲は、「神話/3つの詩」。ポーランドの作曲家シマノフスキの印象主義の作品。神話をもとにしているということで、非常に感性を研ぎ澄ました音で構成されます。ともすれば、神経質になりそうなこの曲も、樫本とバックスは上品で、柔らかく奏でます。第1曲の「アレトゥーサの泉」のピアニシモで高音に消えて行くヴァイオリンの音色は、5月にミュンヘンの美術館、“ノイエ・ピナコテーク”の印象派の部屋で見つけた、オディロン・ルドンの神々しい芥子の花の絵を思い出しました。続く第2曲「ナルキッソス」、第3曲「ドリュアスとパン」も、絵画的な曲で、最後、ピチカートで終わるところは芥子の花が散ったようでした。満足。。。。

 この日は、2つあるプログラムのうちの「2」のほうだったので、最後の曲は聴きたかった、ラヴェルのヴァイオリンソナタではなく、グリーグのヴァイオリンソナタ ハ短調でしたが、グリーグらしいメロディの美しい曲でリサイタルの最後を飾るのにふさわしい曲でした。アンコールではグルックの「メロディ」という素敵な“おまけ”がつきました。

 樫本やバックスの世代より若い天才たちのきらびやかな演奏を聴くのも、オペラシティでは楽しみですが、今日のような熟成した大人の音の演奏を聴くのも良いものです。素晴らしい体験でした。

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ト長調 K. 301

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト長調 Op. 78「雨の歌」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
シマノフスキ:神話 Op. 30

グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 Op. 45
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/639-9e2ac80a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad