プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョン・ミョンフンのマーラー「復活」

 オペラシティでの、東フィルの定期演奏会に行ってきました。ここの会員も2年目に入り、ずっと同じ席(前から6列目やや右)で聴けるので、なんだかアットホームな感じがあります。また、平日の夜の公演ですが、オペラと違って、最長でも2時間程度で終わるので、車で1時間のドライブで10時頃には帰宅できるのも気が楽です。

 この日の演目はマーラーの交響曲第2番ハ短調「復活」でした。マーラー自身がこの曲に関して「こん棒で床に叩きつけられたかと思うと、次の瞬間には天使の翼の高さにまで引き上げられる。」と言っているだけあり、聴く方にも体力を要求されるものです。ミョンフンは2001年に東フィルで「復活」を指揮しており、その時の評判がとても良かったようで、この日はその再現、とプログラムに書かれていました。

 第1楽章のソナタは、「葬送行進曲」になっており、不安を恐怖をあおるように始まり、その後金管や打楽器で激しく高まります。ミョンフンらしく、激しくなっても雑にならない、聴く者の心をわしづかみにするような指揮です。

 第2楽章は特にワルツでアンダンテ、美しい調べです。舞曲のようなメロディとテンポは「英雄の幸福だった時の回想」を表しているのだそうです。この楽章は激しいところはなく、ピアニシモの弱音の美しさが際立ちます。なお、「第1楽章と第2楽章の間に、少なくとも5分の休みを置く。」というマーラーがスコアに書き込んだノートは、守られずに1分ほどの感覚で第2楽章に移りました。

 第3楽章から第5楽章にかけては、途切れることなく50分の演奏がラストまで続きました。ここで、ようやく第4楽章「原光」でアルトの独唱が、第5楽章で合唱が入ります。アルトの山下牧子、何度もオペラでは聴いていますが、この日は最高の歌唱を聴かせてくれました。まろやかで、伸びのある、まさに「永遠の祝福」という感じの声。そして、新国立合唱団の合唱、素晴らしかったです。これほど素晴らしい合唱はめったに聴けない。演奏が終わってからの拍手は10分以上続きました。
 今月はジョナサン・ノットと東京交響楽団もマーラーの「復活」をやっています。両方聴かれた方は比較ができてうらやましいですね。こちらはアルトは藤村実穂子です。

 ミョンフンの指揮を聴くたびに思いますが、大胆で緻密、そして知的な音。これはいつでも彼の指揮の根底に流れています。また、観客の拍手に対して、いつも控えめに対応し、歌手や伴奏者を讃え、自分は指揮台にも上らないという姿勢は、とても好感が持てます。

 とは言え、久しく彼のオペラは聴いていない。来年2月にスカラ座で、“シモン・ボッカネグラ”を振ります。タイトルロールはレオ・ヌッチ。聴きに行きたくなりました。
2017年7月21日
東京オペラシティ コンサートホール
指揮:チョン・ミョンフン
ソプラノ:安井陽子
メゾ・ソプラノ:山下牧子
合唱:新国立劇場合唱団


 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/641-0bb5f01c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。