FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

バイエルン国立歌劇場“タンホイザー”

 9月25日のNHKホールでの公演を聴きに行きました。6月に初演劇場のバイエルン国立歌劇場で聴きましたので、2回目になります。今回、僕にとって良かったのは、何かと話題になっている“演出”が既にどういうものかわかっていたので、それに気を取られないで音楽と歌唱に集中できたことです。6月の観劇では、この挑戦的な(?!)演出を理解しようと気になってどうも集中できませんでした。ロメオ・カステルッチの演出、意欲的と褒めてあげたいところですが、褒めません。僕は現代演出けっこう好きです。先日のバッティストーニのオテロでも、友人達には大不評だったライゾマティックスのプロジェクションマッピング、けっこう楽しみました。しかし、このタンホイザーの演出はいけません。何がいけないかって、演出と歌手の演技が全く絡まないのです。第3幕の「ローマ語り」のあたりで、死体を何度も何度も入れ替えるのにどのような意図があるのでしょうか?おそらく「輪廻転生」のようなことを表しているのかとは思います。最終的に死体が砂に帰して、それをタンホイザーとエリーザベトが骨壺(?)に入れるところだけ、演出に演技が加わりますが、それ以外は全くと言ってよいほど、演出は音楽と歌手とも全く関係なくグロテスクに進行します。見ていて煩わしいだけです。視覚的に驚かせようと言うことの他に何も感じられないのです。逆に言うと、いわゆる“読み替え演出”ではないので、気にしないようにすると無視できますし、音楽の邪魔をしないとも言えます。ですので、2回目のNHKホールの観劇では、そのスタンスを取らせてもらいました。

 ペトレンコの指揮は、まず序曲のところから独特です。あまり重くなく、しかし、弦のアンサンブルは幾何学的に段差をはっきりと出して響かせて来ます。オペラの全容を予想させる序曲というよりは、交響楽のような振りです。全体的には、内省的な音作りで、2幕目の行進曲も抑え気味でコントロールされていますが、シンプルな音から盛り上がって来るところに、単に音が大きくなるだけでなく、腕力でオケを持ち上げてくる、、決して無理やりでなく、、、筋肉質な盛り上がりを生んでいます。前にも書きましたが、低い弦を強く鳴らすという趣向があまり無く、中音でひとつひとつの楽器が浮き出すように聞こえさせる、これが素晴らしいと思いました。3幕目の序奏のシンプルな始まりから塊感を持った盛り上がりに移ってくるところ、良かったですね。

 歌手ですが、まずはフローリアン・フォークト。もうかれこれ5-6回は聴いています。ローエングリン、ヴァルター(マイスタージンガー)、そして今回のタンホイザー。何より、「持ち上げる」という感じの全く無い澄んだ高音が魅力です。ウィーン少年合唱団が、そのまま声変わりしないで大人になったみたいです。おそらく、役柄としてはローエングリンが一番合っているのではないかと思いますが、タンホイザーではそれまであまり気づかなかった中低音の素晴らしさも感じさせてくれました。が、この日、一幕目、珍しく中音部で音程が安定せず、一度だけ声も割れました。こんなことは初めてです。しかし、数年前に文化会館で「美しき水車小屋の娘」を歌った時に、途中で破綻を来たして、歌い直したこともあるようで、時々安定性を欠く嫌いはあると、友人からも聞きました。ちなみに、彼の水車小屋、僕も聞きましたが素晴らしいです。いわゆる、ヘルデンテノールとしては典型的な声ではありませんが、将来はリングも歌ってほしいですね。彼とカウフマン、あまりにも違うワーグナー歌いですが、この2人を聴ける(カウフマンはキャンセルが多すぎるが)時代に居合わせるのは幸せだと思います。

 歌手陣は、他も素晴らしかったです。エリーザベトを歌ったアンネッテ・ダッシュ、清冽で強く奥行きのある声、余計なヴィブラーとや装飾歌唱がない、、、ミュンヘンではアニヤ・ハルテロスがトスカみたいに歌ったのですが、ダッシュのほうがずっと良かったです。そして、ヴォルフラムの夕星の歌は、涙ものでした。低音から高音まで(テノールのように聞こえます)本当に美しい。この役もミュンヘンのゲルハーヘルのやや古くさい歌い方よりずっと良かったです。指揮も新しいワーグナーを作っているので、今回の歌手陣はそれに合った歌唱をしてくれたと思います。それと忘れてはならないのが、合唱団。迫力ありましたね。引っ越し公演の醍醐味だと思います。

 ペトレンコ、素晴らしい指揮者だと思いますが、その素晴らしさをちゃんと解るには、僕はまだまだ聴き込みも足りないし、勉強も足りないと思います。ただ、今回の3幕目の感激だけは本当に感じられました。良かった!

 今回の3公演、すべて平日の3時からです。これは、勤めている方には厳しいスケジュールです。なんとかならなかったのかなぁ。

 さて、10月1日には同じキャストでワルキューレの一幕目をやってくれます。こちらのチケットも運良く取れたので、楽しみです。


指揮:キリル・ペトレンコ
演出:ロメオ・カステルッチ
領主ヘルマン:ゲオルク・ゼッペンフェルト
タンホイザー:クラウス・フロリアン・フォークト
ウォルフラム:マティアス・ゲルネ
エリーザベト:アンネッテ・ダッシュ
ヴェーヌス:エレーナ・パンクラトヴァ
バイエルン国立歌劇場管弦楽団、同合唱団(合唱指揮:ゼーレン・エックホフ)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/644-7aa09693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad