FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

プレトニョフ、マーラ−「亡き子をしのぶ歌」他

 久しぶりのオペラシティでの、東京フィルハーモニー交響楽団定期公演。今回は、ハイドン、マーラー、シューベルトと、時代的にも音楽的にも大きく違う作品を4つ堪能しました。

 ハイドンの交響曲第49番「受難」は初めて聴く曲です。オケは小さな編成で、コントラバスはありませんでした。ですので、どちらかというと分厚い弦楽四重奏を聴くような感覚。強弱、緩急が交互にやってくる、けっこう難しそうな曲でした。ダースベーダー系のキャラクターの映画のテーマになりそうだなぁ、などと余計なことを考えてしまいましたが、プレトニョフは無用に重くすることもなく、あっさりと仕上げていました。

 そして、マーラーの歌曲「亡き子をしのぶ歌」。これも初めてでしたが、少し予習をしていたので、その歌詞に震える思いでした。リュッケルトという18世紀のドイツの詩人が、1年の間に二人の子供を相次いで亡くしたという事実をもとに書いた詩編を、マーラーがその70年後の1904年に歌曲にしました。これを、メゾ・ソプラノの小野美咲が歌いました。特に第4曲の「よく思う、あの子たちは出かけているだけ」は、本当に美しく悲しい歌詞です。「よく思う。あの子達は出かけているだけ。じき家に戻ってくるのだろう!昼は美しい!おお、心配はない!ちょっと足を延ばして、あの丘まで散歩しているのだ。」歌詞だけで泣けてきますね。

 小野は新国立オペラパレスでもおなじみの歌手ですが、独唱を聴くのは初めて。アルトに近い声で、まるでノルンが地の底から哀れみをもって歌いあげるような感覚。美しい声です。マエストロと目を合わせながら歌う様子が、この曲をオケと素晴らしいものに仕上げようという意欲を感じさせました。

 さて、休憩後のシューベルトの交響曲もほんとに久しぶりです。5番は大好きで、特に第二楽章の主題を聴いていると、なんか「生きてて良かったぁ。」という感じになります。この日も聴きながら「C型肝炎直ってよかったぁ。」などと関係の無いことを考えていました。プレトニョフの指揮は、ノーブルの中に人間味溢れる素晴らしいものです。ハイドンもそうでしたが、緩急のつけかたが、流れるようにつながり、美しいです。

 曲としては、最後の「未完成」のほうが良かったのだと思いますが、僕にはやや重すぎて、特に第二楽章は圧倒されすぎてしまいました。まあ、あまりこの曲に思い入れが無いと言ったら素っ気ないでしょうか?

定期演奏会としては長めの2時間25分の演奏時間。堪能しました。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/647-edb40c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad