プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

魔弾の射手

2008.4.20
魔弾の射手新国立 ウェーバーの名作らしいが眠かった。まず、ストーリーに興味が持てない。とは言え、曲にも引かれない。決して出来は悪くないのだが"魔笛”も同様にあまり惹かれなくて、「魔」のつくオペラはダメかも。アガーテ役のエディット・ハッラーもマックス役のアルフォンス・エーベルツも良かったし、僕の大好きなバスの妻屋秀和さんの隠者も素晴らしかったのですし、演出、舞台も良かったのですが、終わった後の満足感に欠けました。ただ、ダン・エッティンガーって指揮者としての評価どうなのでしょうか? ちょっと押さえ気味すぎて、何の演目でも退屈な感じするのですが。
ki_20001043_10.jpg

関連記事
スポンサーサイト

FC2Ad