プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ポッペアの戴冠

 モンテヴェルディのバロックオペラ“ポッペアの戴冠”に、23日の祝日にオペラシティまで行ってきました。バロックオペラは、2015年にヴィヴァルディの“メッセニアの神託”を2回生で見たのと、DVDでデセイの“ジュリオ・チェーザレ”を見たくらい。

 いきなり結論ですが、“すごく”良かったです。とにかくおもしろかった。行く前に、けっこう予習をしていたのですが、あらすじが複雑で、正直良くわからなかったんです。しかし、実際公演で丁寧な字幕を目で追っていったら、話しの流れがしっかりとわかりました。現実のローマ皇帝ネロの話を土台にしているのですが、人間ドラマのドロドロとした様が、見事に美しい音楽でラップされています。とにかく、ストーリーが良く出来ています。ロマン主義のオペラの一般的なストーリーに比べても、けっこう複雑だと思うのですが、色々な要素がうまく絡み合って、不自然さがなく表わされています。

 野望を持って夫を替えて行く、ポッペア(実際の名前は、ポッパエア・サビナ)を演じるのは、森麻季。声量とアジリタにやや物足りないところはありましたが、蠱惑的な“魔性の女”を、実に品格のある声と演技で表現していました。リサイタルなどでしか聴いたことがなく、森麻季のオペラを聴くのは初めてでしたが、役になる切る力みたいなのがすごかったですね。Brava! しかし、何より素晴らしいと思ったのは、運命の神フォルトゥナと、武将オットーネに想いを寄せる侍女のドゥルジッラの二役を歌った、森谷真理。明るく輝く声に、装飾歌唱を美しく取り入れ、オットーネに対する思いの丈を歌い上げるところ、実に素敵で感動しました。ウィーンが活躍の場らしいですが、日本でももっと歌って欲しいです。皇帝ネッローネのレイチェル・ニコルズもなかなか良かったですが、もう少し強い感情表現が欲しかったと思います。バロック・オペラでは歌唱の技術を優先させて歌うと、感情表現が付いてこないことがあるのではと思います。その点、メッセニアの神託の、ユリア・レジネヴァは凄かったですね。

 哲学者セネカ(これも実在の人物)を歌った、バスのディングル・ヤンデルもシモンみたいで、魅力的な役柄を上手に演じていました。まだまだ、知らない良い歌手がたくさんいますね!皇后オッターヴィアの波多野睦美も彼女が登場すると舞台の色が変わるような華がありました。実際、彼女のドレスは白、ポッペアは赤、ドゥルジッラは黒と、衣装の色で性格表現をしています。また、演奏会形式とは言え、田尾下哲が舞台構成をしたので、通常のオペラと同等の演出の迫力がありました。

 バッハ・コレギウム・ジャパンを指揮した鈴木優人は、モンテヴェルディの優雅で微妙な音の美しさを見事に表現していました。台詞を字幕で読んでいると、その内容に連れて、メロディラインが変化していくのが実におもしろいんです。僕の席はC席で3階の横の席でしたので、ちょうど手すりが、字幕を横切ってしまい、首を傾けての観劇となりました。休憩40分を入れての4時間5分。首が痛くなりましたが、あっという間に終わりました。バロック・オペラ、もっと日本でやってほしいですね。

鈴木優人(指揮)
森麻季(ポッペア)
レイチェル・ニコルズ(ネローネ)
クリント・ファン・デア・リンデ(オットーネ)
波多野睦美(オッターヴィア)
森谷真理(フォルトゥナ/ドゥルジッラ)
澤江衣里(ヴィルトゥ)
小林沙羅(アモーレ)
藤木大地(アルナルタ/乳母)
櫻田亮(ルカーノ)
ディングル・ヤンデル(セネカ)
加耒徹(メルクーリオ)
松井亜希(ダミジェッラ)
清水梢(パッラーデ)
谷口洋介(兵士Ⅱ)

バッハ・コレギウム・ジャパン
田尾下哲(舞台構成)

 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/656-b48b4fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad