プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

2018年前半の観劇予定

今年もついに大晦日。大掃除、年賀状投函などの用もすべて終わり、今日は、愛用のMacBook 12インチを、新しい外付けのモニタにつないだり、新しいOS(High Sierra)にアップデートしたりしています。

今年は40数公演に行きましたが、来年も多分そんなペースになるでしょう。2018年前半で、今のところ行くつもりの公演は下記の通り。1月の「ナヴァラの娘」だけ、都合が付くかわからないので、チケットを取っていませんが、あとは取りました。ちょっと苦労したのが、3月のミラノスカラ座での2公演、「オルフェオとエフリディーチェ」と「シモン・ボッカネグラ」でした。特にオルフェオのほうは、フローレスが歌い、マリオッティが指揮をするということで、ネットではあっという間に売り切れることが予想され、日本時間の午後8時過ぎにつながった時点で2/3くらいは売り切れていましたが、なんとか席を確保。その翌日の公演のシモンもけっこうな人気。ヌッチ、サルトリ、ベロセルスキー、そして、この役でデビューだと思います、ストヤノヴァのアメーリア。で、指揮がミョンフン!シモン好きの僕としては、今から興奮してしまいます。ただ、2月のミラノ、パリは寒いでしょうね。

3月は良い公演が目白押し。7公演もチケット取ってしまいました。バッティストーニと小曽根真の競演というのも楽しみですね。東フィルの会員も4年目にはいり、自分の「居場所」という感じがしてきました。新国立では、「フィデリオ」が楽しみです。実は、これ生で見た事がないのです。そして、6月のイタリアバーリ歌劇場の“イル・トロヴァトーレ”。フリットリとメーリ!という素晴らしい組み合わせ。降板がないことを祈るばかりです。

ということで、来年が楽しみです。今年は、この素人ブログをお読み頂き有り難うございました。来年も、どうぞよろしくお願いを致します。

1月 東フィル、ミョンフン指揮 “ジュピター他” オペラシティ
ナヴァラの娘、道化師(藤原歌劇団) 文化会館

2月 ハンブルグバレエ椿姫 文化会館
ハンブルグガラ公演 文化会館
樫本大進、パーヴォ・ヤルヴィ(サンサーンス) NHKホール
東フィル、プレトニョフ指揮、シベリウス他 オペラシティ

3月 オネーギン(バレエ) オペラ座
オルフェオとエウリディーチェ スカラ座
シモン・ボッカネグラ スカラ座
東フィル、バッティストーニ、小曽根真 オペラシティ
ホフマン物語 新国立
コルチャックリサイタル オペラシティ
ノルマ オーチャード

4月 アイーダ 新国立

5月 アルチーナ 二期会

6月 フィデリオ 新国立
イル・トロヴァトーレ(バーリ歌劇場、フリットリ) 東京文化会館
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/659-a22e8a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad