プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

パーヴォ・ヤルヴィと樫本大進オールフランスプログラム

 珍しく、N響の定期公演へ行きました。と言っても2月16日のことなので、ずいぶん経ってしまったのですが……

 オールフランスプログラムという内容。目当てはもちろん、ここ数年、とても良く聴いている樫本大進のサン・サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番!ヴァイオリン協奏曲の定番とも言える美しい旋律を持った作品ですが、樫本のは、この聴き慣れた曲を、まるで初めて聴く曲のように新鮮に響かせます。曲の「精神」がそのまま雫のように音になる感じは、彼ならでは。本当に魅せられてしまいます。ただ、いつも聴いている東フィルに比べると、オケの弦の音がやや粗い感じがしました。2階のL前方、S席だったので、東フィルの定席の前から6列目とは響きも違うのですが、それだけではない、何かオケが樫本をバックアップしていない感じがしました。一昨年、ヤルヴィがカンマーフィルハーモニーを率いて、樫本大進とベートーヴェンを横浜で演奏した時のオケとの一体感には、かなわないという感じでした。

 1曲目のデュリフレの3つの舞曲は、初めて聴きました。1927年の作曲と聞いて、現代音楽かと思ったのですが、実際は印象派の音色でした。ドビュッシーの影響も感じられますが、実に美しい、清らかな旋律。キース・ジャレットのピアノのイメージがしました。バレエ音楽ですから、これに振り付けを付けたものを見たいなぁ。

 フォーレのレクイエム、久しぶりに聴きました。好きです。ヴェルディのレクイエムも良いけれど、自分の葬式にはフォーレかモーツァルトのレクイエムにしてほしいものです。ヴェルレクでは、ちょっと間違うと地獄へ落ちそうです。

 ヤルヴィの指揮はとても良く、オケも粗さが目立たなかったのだけど、合唱が新国立などに比べて清涼感に欠けました。同じく、市原愛と、開演前に体調不良で降板したバリトンのシュエンに代わって出た甲斐栄次郎もやや物足りなかったです。二人とも少しオペラっぽい。ピエ・イェズのソプラノは、ボーイソプラのが歌うこともあるくらいなので、もっと透明感が欲しかったし、バリトンは荘厳な宗教感が欲しかったと思います。でも、充分水準以上の出来でした。

 さて、次回はオペラ座からバレエ、スカラ座からオペラ2つの報告の予定です。

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ヴァイオリン:樫本大進
ソプラノ:市原 愛
バリトン:甲斐栄次郎

デュリュフレ/3つの舞曲 作品6

サン・サーンス/ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 作品61
フォーレ/レクイエム 作品48

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/665-7d6947ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad