プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

大野和士講演会&ミニコンサート

 4月14日土曜日の夜に、内幸町ホールで、ヴェルディ協会主催のマエストロ大野和士氏の講演会が行われました。僕は、協会のスタッフとしてこのイベントの準備をしていたので事前に知っていたのですが、当日のお客様へのサプライズとして、なんと、ソプラノの中村恵理さんが、バリトンの原田圭さんと一緒に出演し歌ってくれたのです。色々と理由が(大人の、、、)あって、前もって発表できなかったのですが、180名の小ホールで、大野マエストロのピアノで、今や世界的ソプラノの名花である中村恵理さんの歌を聴けるなんて、なんて贅沢でしょう。

 大野さんの語りのおもしろさには定評があり、僕もリヨン歌劇場来日の際のマエストロの講演会で、語る、弾く、歌う、寝そべる(!)の大熱演に引き込まれた思い出があります。この日も、大野さんのヴェルディ愛がステージに溢れていました。ヴェルディが同じ時代のワーグナーと違い、あくまで人間をテーマにし、その思いや悩みを音楽にしていく、その過程を「ラ・トラヴィアータ」と「リゴレット」を例に挙げて説明してくれました。

Follie…follie…delirio vano e questo(馬鹿げているわ、むなしい妄想よ、これは)の有名なフレーズを中村さんが歌ったあとに、これが、藤圭子の「新宿の女」の「馬鹿だなぁ、馬鹿だなぁ、だまされちゃって」と同じ想いと状況をあらわしていて、しかも、長調から短調に移るのも同じだというのを、これも大野さん自身が歌いながら説明されました。会場は笑いに包まれました。

リゴレットの方では、ジルダの一幕目の「私のお父さん...:という呼びかけと2幕目の同じ父への呼びかけの歌い方の違い、2幕目ではもう父の可愛いジルダではなくなっている娘の声になるという、その違いを中村さんが歌ってくれました。

その他、ジルダの八分休符のスタッカートとヴィオレッタのそれとの違いなども、わかりやすくお話しくださいました。いやぁ、おもしろかった。休憩なしの1時間50分、聴衆は魅了されました。

このイベント、ヴェルディ協会員は入場料無料です。6月19日にはイタリア会館で、バーリ歌劇場とともに来日する、指揮者ビザンティとバリトンのガザーレのトークショーがあります。これも会員無料で、多分、ガザーレさんは歌ってくれることでしょう。これを機会にヴェルディ協会入会をご検討ください。一般会員、年会費は¥10,000-です。

ヴェルディ協会ホームページ
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/675-d4f2fa8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad