FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

フィデリオ@サントリーホール

 いつもはオペラシティで聴く東京フィルハーモニーの定期公演ですが、今回は所用があって、サントリーホールに振り替えてもらいました。5月8日、席は中央7列目、良い席です。東フィルの定期会員になると、このような融通が利くのはとても有り難いですね。ミョンフンの指揮は、今年既に3回目、ジュピター、シモン・ボッカネグラ、そしてこのフィデリオ。10月にブラームスも聴くので、同じ指揮者を年に4回聴くということになります。こういうことは初めてかも。

ベートーヴェンが生涯ただ一作しか書かなかったオペラ「フィデリオ」、僕は食わず物嫌いで、今まで聴いたことがありませんでした。この5月、6月と東フィルと新国立で、このマイナーな演目を聴き比べできるということで、両方行くことにしました。結論として、この日のフィデリオ、素晴らしかったです。とにかく、ミョンフンの血湧き肉躍るような指揮が、決して面白みが多くてメロディアスだとは言えないフィデリオを「楽しいベートーヴェン」にしてくれました。思っていた通り、オペラを聴いているというよりも、歌付き合唱付きの交響曲を聴いている感じ。いわば「交響曲第十番」かも?「レオノーレ三番」を序曲に持ってきた考え方は、プログラムに詳しく書いてありましたが、フィデリオ初心者としては、他の序曲も聴いてみたかったと無理な希望を抱きました。マエストロミョンフンの3月のスカラ座のシモン・ボッカネグラの指揮もとても良かったのですが、この演目の場合、僕は生でも10回以上聴いているので、ミョンフンの「劇場型指揮」(ん?当たり前か。。。)が、ややtoo muchな盛り上げがあるような気がしてしまいますが、フィデリオのような交響曲的なオペラで、しかも初めて聴くという場合には、心も体も預けてしまうにはもってこいですね。ミョンフンはこのオペラを、「音楽を主体とした演奏会形式で上演する方が良い作品」と言っていますが、その意味良くわかります。筋書きは、「つかまった夫を、妻が男装して助ける」というアクション映画のような単純なもので、シモンのような味わいの深さはありません。音楽と歌、合唱で聴くべきでしょう。僕も途中から字幕を追うのをやめてしまって楽しみました。

 歌手も、素晴らしいレベルでした。特にレオノーレ(フィデリオ)のドイツ人ソプラノマヌエラ・ウールは、中音から高音まで実に自然に、話しかけるような歌い方。フィデリオの男装を意識したドライな歌い方が、最終盤でレオノーレであることを現してから、声の調子が変わるところも素晴らしかったですね。2016年の新国立のローエングリンのエルザ役でも、とても良かったのを覚えていますが、この時は情感たっぷりに歌っていて、随分違うものだと思いました。ロッコ役のバス、フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒも柔らかく太くストレートな低音は、実にドイツオペラ歌いらしく、ルネ・パーペに良く似た声。ロッコの純朴な人柄を良く表現していました。マルツェリーネ役のスペイン人ソプラノ、シルヴィア・シュヴァルツは、コロラトゥーラも出来そうな甘くて明るく響く声。レオノーレとの対比が素晴らしく、演奏会形式でもソプラノ同士で、フィデリオに恋い焦がれる様子が充分に表現出来ていました。ただ、刑務所長のピツァロを歌ったイタリア人バスのルカ・ピサローニは、どうも声が薄っぺらく、せっかくの毒のある役柄を生かせ切れていなかったような気がします。評価が難しいのはフロレスタン(夫)のペーター・ザイフェルト。巨体からは想像できないような美しいテノールが出てくるのですが、少々声が大きすぎるのと、情感がこもっていない感じがしました。地下牢のシーンで、もう少し感動させてくれるかと期待していましたが。。

 さて、この演目、演出付きで6月に新国立で聴くのが楽しみです。

指揮:チョン・ミョンフン
フロレスタン (テノール) : ペーター・ザイフェルト

レオノーレ (ソプラノ) : マヌエラ・ウール

ドン・フェルナンド (バリトン): 小森輝彦

ドン・ピツァロ (バス): ルカ・ピサローニ

ロッコ (バス): フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ

マルツェリーネ(ソプラノ):シルヴィア・シュヴァルツ

ヤッキーノ (テノール): 大槻孝志
演奏:東京フィルハーモニー
合唱: 東京オペラシンガーズ 他
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/677-49c7c9a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad