プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

フィデリオ@新国立劇場

ここ数週間、オペラファンの間では、随分話題になっている「フィデリオ」の最終日、新国立劇場まで行ってきました。

 まずは、カタリーナ・ワーグナーの新制作の演出について書かないわけにはいかないでしょう。もう、色々なブログで語られていますので、内容をご存じの方は多いと思いますが、カタリーナは2幕目以降最後までのあらすじをすっかり変えてしまっています。レオノーレに助けられてフロレスタンとハッピーーエンドで終わるところを、この二人ともが刑務所長のドン・ピッツァロに刺殺されてしまい、開放されるべき全囚人も、結局牢の中に戻されるという、暗い結末なのです。初日のカーテンコールではカタリーナに拍手とブーイングが入り乱れたとのこと。ブーイングも彼女にとっては勲章でしょうから、さぞかし満足したことだと思います。

 僕は、と言えば、予想していたほどのインパクトは受けませんでした。もともとの台本のハッピーエンドに無理があると思っていたので、こういう読み替えもありかなと思いました。しかし、3階建ての凝りに凝ったな舞台を作り、大がかりな読み替えをするという労力、そして新制作ということで費用も馬鹿にならないでしょう。それだけのことをしてくれたのに対しては、正直「無駄なこと」をしたなぁと思わざるをえません。バイエルン歌劇場のタンホイザー(カステルッチ演出)の時は、演出の趣旨を理解しようとして頭をひねったり、醜悪な死体の意味がわかりかねて腹が立ったり、色々と神経を刺激されたのですが、このフィデリオは、刺激がないのです。つまり「だるい」のです。腹も立たないし、解釈にもある程度ついていけるのだけど、下手すると「眠くなる」演出でした。

 その大きな理由の一つが、重要な読み替えの殆どの部分が、第二幕途中に入れられた「レオノーレ序曲第三番」が長々と演奏される間にパントマイムで行われたことにあります。演奏と歌手の動きは良くあっているのですが、このやり方なら、どんなに下手な演出家でも、好き勝手に演出できます。台詞のあるところを、演出で読み替えるというのが、演出家の腕の見せ所だと思います。ミキエレットの美術館編の「ランスへの旅」、コンビチュニーのミクロの決死圏風「マイスタージンガー」、グラハム・ヴィック(この人は好きではないが)のEUとスイスの問題を取り上げた「ウィリアム・テル」などは、オペラ本編自体の中で「読み替え」をしています。これに対して、カタリーナは、重要な読み替え部分を、「レオノーレ第三番」の追加演奏の間にほとんどやってしまったわけで、言ってみればカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲の間に、トゥリッドゥは怖じ気づいてどこかに逃げてしまい、最後に死んだのは替え玉だった、と読み替えるのと同じようなものです。

 正直、このレベルの演出で、新国立で再演可能なんでしょうか?僕は、正直読み替え演出、好きなほうなのですが、再演される条件としては、演出の完成度の高さと、もうひとつ、「どのように理解していいのか?」という問題提起をしていることが挙げられると思います。この意味では、決して好きではなかったのですが、カステルッチのタンホイザーは、2度も見てしまいました。今回の、カタリーナ・ワーグナーの演出で理解ができないのは、最後に出て来た偽のレオノーレが、ドン・ピッツァロの情婦か何かなのか?という疑問くらいで、あとは、小学生の学芸会のように、みなわかりやすいのです。最後に悪が勝つ、というのも、「そりゃそうだろうなぁ」という感じ。安手のサスペンス映画を2度見る気がしないのと同じで、この演出を2度見る気にはなりません。ですので、ブーイングする気にもなりませんでした。

 一方、指揮とオケ、歌手は素晴らしかったと思います。飯守マエストロの最後の新国立でのパフォーマンスとして、本当に集大成!先日の、ミョンフンの情感豊かな指揮にくらべて、荘厳な、様式感のある指揮でしたが、実に満足。歌手陣では、マルツェリーネの石橋栄美、ジャキーノの鈴木准の日本人若手が望外に良かったです。もちろん、フロレスタンのグールドもレオノーレのメルベートも素晴らしかったですが、個人的にはレオノーレは、先日のミョンフン指揮東フィルで、レオノーレを歌ったマヌエラ・ウールのクールな歌い方のほうが、“フィデリオ”役には合っているような気がしました。

 マエストロミョンフンは、「フィデリオは演奏会形式でやるのがベスト」と言っていますが、今回のような演出で見せられると、まさしくそうだと思います。いや、今回のような演出でなくても、やはり“歌唱付き交響曲”というイメージが強く、音楽の力強さを感じることがベートーヴェンへのリスペクトかなと思いました。

指揮:飯守泰次郎
演出:カタリーナ・ワーグナー
管弦楽:東京交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団

【キャスト】

ドン・フェルナンド:黒田博
ドン・ピツァロ:ミヒャエル・クプファー=ラデツキー
フロレスタン:ステファン・グールド
レオノーレ:リカルダ・メルベート
ロッコ:妻屋秀和
マルツェリーネ:石橋栄実
ジャキーノ:鈴木准
囚人1:片寄純也
囚人2:大沼徹
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/679-54d24d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad