FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

イル・トロヴァトーレ バーリ歌劇場

来日した(初?)、イタリアバーリ歌劇場の「イル・トロヴァトーレ」初日(6/22)に行ってきました。家を出る前にネットのサイトをチェックしてびっくり、唖然。レオノーラ役のバルバラ・フリットリが気管支炎のために降板!これは残念。あの甘い美声でレオノーラが聴けるのが、この公演の最大の楽しみだったのに〜。

それでも、公演全体としては素晴らしいパフォーマンスで大満足でした。男声3人が素晴らしかった。シモン・ボッカネグラのパオロ、ピエトロ以上に脇役だけど、重要なのが、ルーナ伯爵の家臣、フェルランド。1幕目は地の底から響くようなティンパニに続く、短い序奏を経て、いきなり歌い始める彼の独壇場なのですが、アレッサンドロ・スピーナが、バスとしては、実にくっきりと発音が聞こえる透明な声で場を締めます。モゴモゴしないバスっていいですね。フルラネットほど軽くはないのですが、重々しすぎなくて、「家臣」という役にぴったりでした。カーテンコールでも脇役とは思えない拍手をもらっていました。

そして、マンリーコを歌ったフランチェスコ・メーリ。今までに聴いた彼の役では、ローマ歌劇場来日の際の、シモン・ボッカネグラのガブリエーレがとても印象に残っていますが、この日は、マンリーコの悲劇性を明るく艶のある声をコントロールして表現力豊かに歌ってくれました。声の強弱とか、感情のトップに持って行くところが、実にヴェルディっぽい!今、ヴェルディを歌うテノールとしては最高でしょうね。イタリアのテノールとしてもフローレスとタイプは違いますが、ならんで2大(?)テノールだと思います。3幕目の「ああ、愛しい人よ」、「見よ、恐ろしい炎を」は圧巻。声量がたっぷりあるのですが、それを否応無しに聞かせるという感じがしません。ただ、最後のハイCは上げなくても良かったかなと個人的には思います。(とは言っても上げなかったのは聞いたことがないですけど)そして、ルーナ伯爵のアルベルト・ガザーレも素晴らしかったですね。この人も明るい声で、実にイタリアっぽいです。もう少し表現力が出てくればもっと良いと思いますが、これだけの男声2人が揃ったイル・トロヴァトーレは聴いたことがありません。

やはり、残念だったのは、フリットリの代役のスヴェトラ・ヴァレンシア。バーリでは良く歌っているようですが、今回の代役は急遽決まったようで、相当に緊張していたようです。登場してすぐは、声もかすれ気味で声量も乏しく、どうなることかと思いましたが、序々に良くなってきました。4幕目の長いアリアでは、随分調子が出て来ていたと思いますが、、カーテンコールでも拍手が少なく、ちょっと可哀そう。良く頑張ったと思います。僕はフリットリは、シモン・ボッカネグラのアメーリアでは数回聴いているのですが、他の役では聴いていません。今回は残念でした。ただ、イタリアではそろそろキャリアも終わりかけているとも言われています。今年後半から来年は、なんとノルマに挑戦します。たまたま11月に家内とアルゼンチンに行くので、その時にコロン歌劇場で彼女のノルマのチケットを取りました。降板しないでね。。

それで、この日の公演をスーパーなものにしていた立役者は、指揮者のジャンパオロ・ビサンティでしょう。実に格調があります。それでいて堅くなく、静かな中に情感が水面から飛びだそうと渦巻いている。盛り上がるところでは、歌手の声量と同じレベルまで上がって、音楽が一体化する至福の時が訪れました。知的で優雅。実に聴き応えがありました。

この公演の3日前、ビサンティとガザーレの歌唱付き講演会を、イタリア文化会館アニェッリホールで聞いたのですが、とても面白かったです。ガザーレのサービス精神は旺盛で、ピアノに合わせて自分のパートだけでなく、マンリーコやアズチェーナのパートまで歌ってくれました。これも、ヴェルディ協会の主催でした。会員無料は嬉しいです。

おそらく、今日(6/24)、そして来週の琵琶湖での公演は、もっと良くなると思います。当日券もあるのでは?是非、行って頂きたい公演です。

指揮:ジャンパオロ・ビサンティ
演出:ジョセフ・フランコニ・リー
管弦楽:バーリ歌劇場管弦楽団
合唱:バーリ歌劇場合唱団

マンリーコ フランチェスコ・メーリ
レオノーラ スヴェトラ・ヴァシレヴァ
ルーナ伯爵 アルベルト・ガザーレ
アズチェーナ ミリヤーナ・ニコリッチ
フェルランド アレッサンドロ・スピーナ
イネス エリザベッタ・ファッリス

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/680-4820ab80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad