FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

世界バレエ全幕プログラム「ドン・キホーテ」

台風近づく中を、27日の世界バレエの全幕プログラム「ドン・キホーテ」に行って来ました。パドドゥはたくさん見ていますが、全幕で見るのは、2007年のスカラ座来日でのタマラ・ロホ、ホセ・カレーニョの公演以来です。実にオペラ座らしい、お洒落で上品な舞台でした。

ドン・キホーテというと、第3幕のキトリのグラン・フェッテ(32回転?)など、技術面での見せ場がすぐに頭に浮かぶのですが、ミリアム・ウルド=ブラームとマチアス・エイマンのコンビは、実に上品でお洒落。タマラ・ロホのフェッテが地にコンパスの脚が刺さったような鋭さがあったのに対し、ミリアムのフェッテは宙に浮いている感じ。重力が無いような印象です。タマラ・ロホのようなアティテュード(あるいはランベルセ?)での長時間の静止などは無いのですが、その分、優雅な動きで流れがあるパドドゥでした。昨年3月のオペラ座来日で、ラ・シルフィードをこの二人で踊ったのですが、地味なこの演目を、手先まで神経の行き届いた動きで、素晴らしく魅力的なものにしていたのを思い出しました。このコンビ良いですね。Bプロでのジュウェルズ「ダイヤモンド」も楽しみです。

スカラ座の時もそうでしたが、キトリはほとんど、赤黒の衣装でスペインらしさを出すものだと思っていましたが、オペラ座のキトリは黄色なんですね。とても柔らかい感じがします。動きにあった色使い。そして、とにかく、キトリの表情の変化が凄い!これほどに演技にのめりこんだキトリを見た事がありません。テクニックに本当に余裕があるんだと思います。でないと、あんなに表情を作れません。

東京バレエ団のダンサーも素晴らしかったです。特にキューピッドの足立真里亜さん可愛かったです。群舞はオペラ座よりもシンクロしていたのでは!

キトリ:ミリアム・ウルド=ブラーム
バジル:マチアス・エイマン
ドン・キホーテ:木村和夫
サンチョ・パンサ:岡崎隼也
ガマーシュ:樋口祐輝
メルセデス:奈良春夏
エスパーダ:柄本 弾
ロレンツォ:永田雄大

【第1幕】
2人のキトリの友人:吉川留衣 - 二瓶加奈子
【第2幕】
ヴァリエーション1:吉川留衣
ヴァリエーション2:二瓶加奈子
キューピッド:足立真里亜

指揮:ワレリー・オブジャニコフ
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
協力:東京バレエ学校


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/682-5116194a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad