FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

アイーダ@神奈川県民ホール

10月21日のアイーダに行ってきました。アイーダを生で聴くのは7回目。ヴェルディの作品の中では、トラヴィアータ、シモン・ボッカネグラ、ドン・カルロの次に多いと思います。特に今年は、4月の新国立の公演にも行っていますので、2度目の観劇。今回は、なんと4つの劇場(札幌文化芸術劇場hitaru、神奈川県民ホール、兵庫県立芸術文化センター、iichiko総合文化センター)と3つの芸術団体(東京二期会、札幌交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団)が、共同制作をするという意欲的な公演なのですが、逆にこれだけ多くの劇場が係わると収集がつかなくなってしまうのではという危惧も。

 指揮のバッティストーニは、このオペラを大変得意としていて、プログラムにもあるように「最高にワクワクするオペラ」と言っています。この日の指揮も、歌手に寄り添うというよりは、歌手をぐんぐん引っ張って行く迫力のあるものでした。アイーダの曲のエッセンスを絞り出すような感じです。ただ若干金管の響きが強すぎて、歌手の声をかき消すところがありました。アイーダトランペットは舞台の両端で鳴らされましたが、これはとても良かった。たいてい、もっと高いところで吹かれるのですが、正面から聞くのも良いものです。また、メロディーラインを奏でる楽器のボリュームを少し上げて、歌唱や合唱とユニゾンするようにしているところが、とてもイタリアっぽい。3幕目の最後のところは、イタリア感がピークに達して感動しました。4月のカリニャーニのややマイルドな演奏は“シンフォニー”のようでしたが、バッティストーニの指揮は、彫刻刀で削ったようなシャープで歌手を鼓舞するパワフルな“オペラ音楽”でした。

 ただ、この指揮についていけた歌手とそうでない歌手がいたのも事実。良かったのは、アモナズロの上江隼人。新国立の時の同役も彼でしたが、得意の高音に加えて、中低音に凄みが出て、アモナズロになりきっていました。声の演技が素晴らしかったです。そして、西村悟の代役で、もともとの伝令の役から大抜擢されてラダメスを歌った城宏憲が、一幕目の「清きアイーダ」からびっくりするような美声を聴かせました。声を振り回さずにコントロールしているところも良かったです。若いラダメスの苦悩を良く演じていました。新国立の研修生の頃から聴いていますが、今回のチャンスを生かしましたね。今後、主役級の役も付くのではないでしょうか?ランフィスの斉木健詞も、いつもはややモゴモゴした感じがあるのですが、この日はクリアでとても良かったです。アイーダの木下美穂子も、突出してはいませんでしたが、無難に歌っていました。

 残念だったのは、アムネリスのサーニャ・アナスタシア。一幕目は、声が出ない。テンポも遅れる。ただ、まあまだ喉が温まっていないのだろうと思っていました。で2幕目に期待していたのですが、その第一声、音がはずれた!だいたい1/4音はずれてしまっていました。いきなり、頭から水をかけられたような気分になりました。その後も無理に高音を出そうとすると、まるで、コーンスピーカーの紙が破れたような籠もった声になってしまい、落ち着いてオペラを聴いていられない状態。3-4幕目ではようやく持ち直して、「ああ、これが実力なんだ」と思われる良い歌唱を聴かせましたが、前日の清水華澄がとても良かった、(僕も演奏会形式で聴いていますが素晴らしかったです。)と聞いていますので、何もこのレベルの歌手を海外から招聘する必要性があったのかと思ってしまいました。このオペラは、“アイーダ”ではなくて、“アムネリス”というタイトルにしても良いくらい、アムネリスの役は重要なのに、大変残念でした。

 そして、もうひとつ残念だったのは演出。演出はほとんど無いという感じで、一昔前の藤原のように、歌手は前を向いて両手を広げて歌うのが殆ど。これなら演奏会形式でも良いような気がしました。それを補うように、バレエは本格的。東京シティバレエ団のプリンシパルクラスが、フェッテやマネージュを繰り広げ、さながらバレエの公演のようです。バレエが好きな僕としては嬉しかったのですが、演出の無い分をすべてバレエに託したような安易さがあり、また、オペラとの調和という面でもやや疑問でした。

 オペラが終わった時は、なかなかの満足感があったのですが、一夜明けてブログにすると色々と難点が気になってしまう、そんな公演でした。


指揮 アンドレア・バッティストーニ
演出 ジュリオ・チャバッティ

アイーダ 木下美穂子
ラダメス 城宏憲
アムネリス サーニャ・アナスタシア。
アモナズロ 上江隼人
ランフィス 斉木健詞
エジプト国王 清水那由太
巫女 松井敦子
伝令 菅野敦

東京シティバレエ団
東京フィルハーモニー交響楽団

 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/688-fe6d52a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad