FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ファルスタッフ@新国立劇場

 12月15日の楽日に、ファルスタッフを見に行ってきました。すでに、絶賛とも言える評判が各所から入っていたので期待していましたが、まさに絶品の公演でした。

 まず挙げたいのが、カルロ・リッツィの指揮。僕がリッツィ大好きということもありますが、素晴らしかったですね。序曲からして、切れがとても良く、やや早めですが、一音一音が真珠の粒のように、浮き上がってくる感じ。この人のヴェルディは他には、シモン・ボッカネグラを聴いていますが、とにかく濁りの無い音、クリーンな音です。ファルスタッフで、音楽だけでこれほど魅了されたのは、初めてではないかと思います。

 冒頭、発表があったように、アリーチェ役のエヴァ・メイが風邪気味であるとのことでした。しかし、それなりに、実にうまくまとめていました。この役は、舞台での存在感が絶対的に必要なのですが、まさに、美しい立ち姿と優雅な振る舞いでそれを実現していました。ただ、どうやらオペラは引退を表明しているようなので、それは残念です。デセイもそうでしたが、早すぎる引退ですよね。

 そして、クイックリー夫人のシュコーザ、ナンネッタの幸田浩子、メグの鳥木弥生の4人のアンサンブルが実に良かったです。これだけでうっとりですね。

 一方の男声陣、女声に比べてやや軽い感じがありましたが、それでもフォードのオリヴィエーリ、健闘していました。フォードの実年齢はどのくらいでしょうか?30代そこそこと考えればぴったりきますね。ロベルト・カンディアのタイトルロールも、ちょっと「清純」すぎるかなという感じがありましたが、これは、2013年の来日公演で2度も聴いたスカラ座のマエストリのイメージが僕のアタマにいまだに残っているのもありますね。あのどっしりとしたファルスタッフ、サイトウキネンでの、哀れっぽいクイン・ケルシーのファルスタッフ、そして、今回のまだ若さの残る初老のファルスタッフと役作りで分けられていると思うようにします。

 ジョナサン・ミラーの演出、特に舞台美術は、何度見ても良く出来ていると感心します。最短の時間で場面転換し、音楽の途切れを生じさせません。

 今回のファルスタッフは、今年の新国立の演目の中では最高だったのではないでしょうか?

指揮:カルロ・リッツィ
演出:ジョナサン・ミラー

ファルスタッフ:ロベルト・デ・カンディア
フォード:マッティア・オリヴィエーリ
フェントン:村上公太
医師カイウス:青地英幸
バルドルフォ:糸賀修平
ピストーラ:妻屋秀和
フォード夫人アリーチェ:エヴァ・メイ
ナンネッタ:幸田浩子
クイックリー夫人:エンケレイダ・シュコーザ
ページ夫人メグ:鳥木弥生
合唱指揮:三澤洋史
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/696-98a27b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)