FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

東フィル定期公演@オペラシティ

 4月16日の東フィル定期公演に行って来ました。1月以来のバッティストーニです。

 バッティは指揮台に現れると、フランス語で「パリのノートルダムのために」と言って、おもむろに「ラ・マルセイエーズ」を演奏しました。この日に、大火災にあった、ノートルダム寺院に敬意を表したのだと思いますが、なかなか感動的でした。おそらく、急いで楽譜を用意して練習をしたのだと思います。

 この日は、東フィルの2019年度シリーズの初日、しかも新天皇の即位を控えているということで、前半は「王冠」、「戴冠式」とお祝いムードの強いメニュー。ウォルトンの「王冠」は、バッティの好きそうな歯切れの良い明るい曲。続く、モーツァルトのピアノ協奏曲は、小山実稚恵の、一音一音をきちんと、しかしまろやかな演奏が、なんだか懐かしい感じ。ちょっと、リリー・クラウスを彷彿とさせるような優雅さと上品さがありました。しかし、逆に言うと、最近の個性あるピアニストに比べると、自己表現にやや物足りない感じもありました。

 休憩をはさんで、チャイコフスキーの交響曲第4番。5番や6番に比べると演奏される機会は少ないですね。聴き応えがあったのは、第3楽章。弦楽器がすべてピッチカートで演奏され、演奏者は弓には手も触れません。中間部に来る木管のロシア民謡風の音楽とのマッチングがとても魅力的でした。そして、第4楽章は、爆発するような怒濤のパワー。バッティの本領発揮です。それにしても、先月のプレトニョフのハチャトゥリアンは、それ以上の爆発だったのですが、プレトニョフの指揮のアクションはミニマム。バッティストーニとえらい違いです。ムーティも若い頃から比べると、指揮の動きは少なくなっていますから、年齢にもよるんでしょうね。変なところが気になりました。

次の観劇は、二期会の「エロディアート」です。

フランス国歌『ラ・マルセイエーズ』
ウォルトン : 戴冠式行進曲『王冠』
モーツァルト : ピアノ協奏曲第26番『戴冠式』*
チャイコフスキー : 交響曲第4番
エルガー:『威風堂々』

*ピアノ:小山実稚恵

指揮:アンドレア・バッティストーニ
東京フィルハーモニー交響楽団
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/707-04ff2a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad