FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

新国立劇場 ドン・ジョヴァンニ初日

 5月18日金曜日、ドン・ジョヴァンニの初日に行って来ました。このプロダクションも2008年以来4回目になるので、もう見慣れた感じです。そろそろ新しい演出が欲しい気もします。

この日のお目当ては、ドンナ・エルヴィーラ役の脇園彩だったのですが、期待以上の素晴らしさ。透き通るような美しさで基本的にはレッジェーロですが、声の芯が通っていて重みもあります。コロラトゥーラも実に魅惑的。完全に世界レベルですね。実際活躍しているのも、欧州のほうが多いようです。そして、オッターヴィオを歌ったアルゼンチン人のファン・フランシスコ・ガデルが望外の出来!甘く、丸い声で気品があります。アジリタもうまい!脇園もそうですが、彼もロッシーニをたくさん歌っているようです。ロッシーニをうまく歌える歌手がモーツァルト、そして初期のヴェルディを歌うと、ひと味違いますね。オッターヴィオはほとんどの公演で、ちょっと馬鹿っぽい感じで表現されてしまうのですが、この日は違いました。こんなのは初めてです。

 タイトルロールのニコラ・ウリヴィエーリはどうだったか? 明るいバスで決して悪くないのですが、やや明るすぎて、平坦な感じがぬぐえませんでした。同じプロダクションで聴いた、クヴィエチェンやガッロのように、ジョヴァンニの悪さがにじみ出るような個性がないという感じがしました。レポレッロを歌ったニコラ・ウリヴィエーリは、完全にハズレ。1幕目最初からオケと合いません。これは初日だからしかたないとしても、声が良く聞こえない。だんだんと聞こえるようになってきても、実に薄っぺらい歌い方で残念無念。結果としてドン・ジョヴァンニとレボレッロのやりとりが、とても退屈なんです。この二人のやりとりがこのオペラのひとつの聴きどころなんですけどねー。

 同じような感じはマゼットの久保 和範、ツェルリーナの九嶋 香奈枝にも言えました。なんとか歌っているという感じ。九嶋も歌うのに精一杯で、スブレット感が全然出ていません。これなら、3月の新国立研修所公演でツェルリーナを歌った、21期生の井口侑奏のほうがずっと良かったです。

 ドンナ・アンナのマリゴーナ・ケルケジは尻上がりに良くなっていました。2幕目の「私が残酷ですって?」は聴き応えありました。そして、騎士長の妻屋さん、鉄板です。日本の歌手の中で、年間一番多く歌っているのがこの人ではないでしょうか?でも、どんな役でも「今ひとつ…」ということが全くないですね。凄いと思います。

指揮のカーステン・ヤヌシュケ、新国立初登場。歌手と合わないのは、先ほども言ったように、初日のせいで、この後の公演では改善されるでしょう。でも、モーツァルトのオペラは、指揮にヴィジョンが欲しい。どんな音楽にするのか、テンポや盛り上がらせ方、レチタティーヴォの扱い方などに、もう少し指揮者の意図がはっきりと反映されて欲しかったです。

新国立の過去のドン・ジョヴァンニがなかなか良かったので、ちょっと辛口なブログになってしまいましたが、脇園さんとガデルを聴くだけでも価値のある公演。まだチケットがあるようなら、是非行かれてください。

指揮 : カーステン・ヤヌシュケ
演出 : グリシャ・ アサガロフ
ドン・ジョヴァンニ : ニコラ・ウリヴィエーリ
騎士 : 妻屋秀和
レポレッロ : ジョヴァンニ・フルラネット
ドンナ・アンナ : マリゴーナ・ ケルケジ
ドン・オッターヴィオ : ファン・フランシスコ・ ガテル
ドンナ・エルヴィーラ : 脇園 彩
マゼット : 久保 和範
ツェルリーナ : 九嶋 香奈枝
合唱 : 新国立劇場合唱団
東京フィルハーモニー交響楽団
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/710-2d72704f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad