プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

さよなら走るリスニングルーム

この1年半、インターフェロン治療の通院の往復クルマとして、パワフル、扱いが軽い、乗り心地が良い、でも、でかい、ガス食う、一人で乗るにはムダという、個人救急車、プジョー407が友人のところに、引き取られました。4つのスピーカーをJBLにして、カーナビのハードディスクに、オペラとボサノバ、JAZZのCDを100枚くらい入れて、それにプラスしてiPodを2台くっつけて、いつも第三京浜や湾岸を、体力ヘロヘロだったけど、走るリスニングルームとして、快適でした。

P1000506.jpg

夜の湾岸道路。Verdiの仮面舞踏会か、David BenoitのJazzか。


P1000526.jpg

山の家での407。無伴奏チェロソナタかな。
P1020132.jpg

407の代わりにやってきた、ちょっと古い306ハッチバック、カブリオレもあるので、306兄弟という感じです。


関連記事
スポンサーサイト

FC2Ad